=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Category [たまには読書 ] 記事一覧

ファイブスター物語 13巻

もうねー、なんて言うかねー。映画のゴティックメードを見に行ったときも書いたし、連載再開時の記事にも書いたんですけどやっぱMHからGTMのデザイン変更だけは納得いかないわ。だってどの機体もフレームが同じで、少々の外装程度しか差がないんだもの!あれだけ広い世界の話なのに惑星や国の特色らしきものが見受けられない。まあこれも作者の気質なんでしょうね。すべて前巻のログナーの「自分の最高傑作にそれができるか?...

―― ロードスという名の島がある。

■小説「ロードス島戦記 灰色の魔女」リメイク版が発売予定 ロードス島戦記の小説第1作「ロードス島戦記 灰色の魔女」のリメイク企画が動いている。 リライトが行われ、角川書店から出版されるもよう。 作者・水野良さんのTwitterで語られている ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜ロードス島戦記は私が初めて読んだライトノベルでした。(当時はまだラノベという分類はなかったけど)小学校のころ兄が持ってた...

読書感想

ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常~1巻はそうでもなかったけど2巻になってから露骨になった気がしないでもない。それはともかく、2巻もこれまでと同じように登場人物と本のエピソードを絡めた推理物として展開していきますが、主人公と古書堂の店主、栞子との関係に比重を置いた話運びとなっていて、章ごとのミステリ成分は平坦な感じ。前刊よりちょっと古書の知識が必要となるかも。しかし描写が丁寧だから無...

読書感想

ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~うん、面白かった。作中に挙げられている本の内容を知らないとついていけないのだろうかとはらはらしながら手に取ってみたわけですが、無知識でも何の問題もなく主人公が文芸作品に関して知識がないため、読者の視点でいてくれるのでありがたい。(本の内容が大きく関与しないという点では肩透かしという人もいるかもしれない)1~3章までは古書堂に訪れた人々の本に纏わる...

鬼切り夜鳥子 感想

>12日に拍手コメントしてくださった方シュウは私が子安を認識し始めたころに触れたキャラなので私的にはクールでニヒル、やや性格の悪い子安キャライメージの原点です。あっちのネクロマンサーとそっちのネクロマンサーを足して割った感じでしょうか。フロントミッションをプレイされるくらいなのでスパロボくらいも大丈夫とは思いますが、ただ魔装機神は難易度が高め。未体験のゲームの限定版は手出ししづらいでしょうしね。Ⅰ&...

儚き刻のリオン5巻 感想

とうとう最終巻となった本作。ヒューゴの命令で飛行竜と神の眼を奪ったところから地下水洞でのラストまで怒涛の展開を、オリジナルの解釈と場面を加えて駆け抜けていきます。もう、ページをめくるたびに名場面といえるぐらいに描写が上手い。特に本を開いた直後のカラーページで描く、雨に打たれながら振り返るリオンの姿はゲームをプレイした人ならば「うおぉぉぉ」と思わず声を上げる事必至。感想は続きに。...

時代の終わりの、ひとつの恋(帯より抜粋)

のんのんびより2巻を買いに行って、別のものも表紙買いしてしまった。東京ラストチカ(1) (アヴァルスコミックス)(2010/11/15)みよしふるまち商品詳細を見る表紙の色使いだけでもストライクでしたが、内容が明治の産業発展黎明期(日清・日露戦争後くらい)における、華族と女中の身分違いの恋ですよ! 大好物じゃないか、おい。こんにちは。明治大正ロマネスク大好きな私です。じっくり読む楽しみは年末年始の休みにとっておくと...

けっこう分厚い。

そうそう、ちゃんと買ってきておりました。電撃マ王12月号。喜久子さんのインタビュー記事もばっちりさ。やっぱり役者さんって、色々深く細かい事まで考えながら演じてるんだなぁ。サイン入りイラストボードに応募しちゃおうかね。以下、漫画感想さすが分厚いだけあって、全作品を読むのにかなり時間がかかりました。気に入ったものだけ。...

ローマの風呂は一日にしてならず。

『テルマエ・ロマエ』の2巻が今日、発売だったので1巻とあわせて買ってきました。2世紀のローマ帝国、これまでにない新しい風呂を作ろうと模索するも己の発想と才能の限界に悩む建築技師ルシウスが、ひょんなことから現代の日本のありとあらゆる浴場へとタイムスリップしてしまい、そこで文化と技術の違いに驚愕しつつも積極的に浴場の仕組みを調べたり学んだりし、それをローマでどうにかこうにか再現していく話。簡単に言うと...

もやしもん8巻

明日は「不景気休みの振り替え休日」という謎のお休みです。本当は今日が休みだったのですが、「納期に間に合わん」と狩り出されました。見事な飛び石休日です。それはともかく。気が付けば「もやしもん」の8巻が発売されていたので買ってきました。買った後で絵本つきの特装版があることを知ってショック。内容は最初から最後までビール編。これを読むとビールもワイン並みに製法の区分けがあったりで目から鱗がポロリ。相変わら...

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事