123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-04-17 (Thu)
すでに去年の段階で作っていたのですが、記事にしてなかったのを今になって気付く。
以下、ざっくりとした工程。

まど額1
額縁用の意匠をつけた木枠というのがあって、それを4つ切り出して四角に組み立てます。
木枠にはすでに下地となるラッカー塗料を施してあり、一日乾燥。
これがないと次の工程ができません。

まど額2
組み立てた額に金箔を貼り、屑を取り払って
一日置いてから再び透明なコーティング塗料で固着させます。
段差が少なければ金箔を貼るのもそう難しくありません。
少々しくじっても伸ばしてやれば綺麗に仕上がります。

まど額3
さらに一日後
金箔の上から塗料で色を載せます。
色はまどかイメージのピンクピンク。
塗料の上から金箔を貼って、その金箔を少し削って色を出す方法もありますが
今回は前者で。

まど額4
せっかく貼った金箔が見えるよう、筆の線が残るように適当に走らせていきます。
綺麗に貼った金箔に色をつけるのも勿体無いような気がしないでもない。

まど額5
完成形。

まど額6
中にポスターを当てはめて、このとおり。
雑誌についてきたやつなので4つ折の折り目ができてますが。
しかもまだ半分に畳んでいる。だってこれ以上額縁が大きくなると色々困るので。


さや額1
もうひとつ。
こちらは銀箔で透明系の青塗料を塗りました。

さや額2
凹凸は下地の段階でパテを盛りつけることで起伏をつけています。
筆で荒々しく青を塗ってやることにより川の流れをイメージ。

さや額3
こうなりました。
これは写真に持ってる画像を当てはめただけですが、最初からこうすればよかったね。

| ひとりごと | COM(2) | TB(0) |
2014-04-13 (Sun)
先週、京都に行ってきた分の写真をば。
残念ながら快晴とはいかず、常に雲が覆って風が寒いわ時雨れてくるわで
あまり愉快でない散策になりました。地元では晴れ間が出てきたので
京都のほうも大丈夫だろうと高をくくっていたらどんよりどよどよ。
それでも電車代が勿体無いから目的地には向かうよ!

大和大路通1
四条川原町から三条へ向かうのにいつもは川端通を歩くのですが、今回は途中から
大和大路通へ入りました。ちょっとした休憩所の屋根が番傘になってるのが小粋。

大和大路通2
このあたりは古美術商や染織物のお店が軒を並べています。
ここに限らず京都って大なり小なりのお店が本通り裏通り所狭しと存在するので
よく商売が成り立ってるなと思いますよ。

>> ReadMore
| 花にかこまれる生活 | COM(0) | TB(0) |
2014-04-06 (Sun)
もうちょっとだけ続く地元の桜シリーズ。
いまいち天気が良くなくて、京都に行かずまた地元をさすらっていました。
午後から妙に晴れてきたので急いで京都に向かうことになりましたが。
その写真はまた後日。

桜1
こんな見事な枝垂桜があるとは。
知ってるようで知らない我が街。

桜2
そんなに規模の大きい公園じゃないんですよね。
中央に池とその周囲に桜の樹が植えてあるだけで。

桜3
風が吹くたびに花びらが流れていきます。
この木製の柵がいい味を出してる。

桜4
池の中央には一本の桜を植えてある島が。

桜5
遠方まで行かなくても十分見ごたえのある桜があるじゃないかと
この時点で満足していたんですけどね。
急に晴れだして時間もギリギリ間に合うと思ったらもう京都に向かっていました。

| 花にかこまれる生活 | COM(2) | TB(0) |
2014-04-06 (Sun)
新しいカメラで京都の桜を撮りにいきたかったのですが
最盛期である土日の天気がいまいち。

長いこと住んでるのに全く知らない穴場を仕事仲間から教えてもらい
とりあえず土曜は地元で桜を撮ってきました。

桜1
ここはよく通る川の土手。
2~3日前までは暖かかったのに、急に冬の気候に戻って
天気や日差しも冬のそれになってしまっています。
ちょっと寒々しい絵になりました。

桜2
カメラの機能で「極彩色」という設定を使って同じところを撮ったら
こんなにも鮮やかになりました。鮮やかになりすぎて思い切り着色してますよと
言わんばかりの効果です。イラストっぽい色味になりました。

桜5
こうやって色味の少ない部分で使ってやるとメリハリが利いて
効果的に使えそう。

>> ReadMore
| 花にかこまれる生活 | COM(0) | TB(0) |