FC2ブログ

葛葉ライドウ対アバドン王 捜査状況・13

実は年越しと同時にもうクリアしてしまっていたり。
記事が溜まってるけど、ざっくりと。

結局、最初から最後までニュートラルなどっちつかず野郎で終わりました。
最終章に入った直後はロウっぽかったんですが。

後半、ショックウェーブと真空刃とファイアブレスを継承したムスッペルと、
絶対零度とメディラマを継承した仲魔がいたら
それだけで道中のボスと魔人は楽に倒せてしまいました。
ラスト付近は大放電とかが欲しくなりますが、無くてもいけました。
(おかげでそれ以上の悪魔をつくるタイミングを逃してしまった)

ラスボスの倒し方が面倒でしたね。
バリアチェンジをしてくるので、召喚する2体の仲魔に4属性魔法を分担させれば大丈夫。
あとは運食い虫をありったけ。
ソーマは必須。(ラストのセーブポイントでゴウトさんのねこじゃらせ!)
3本柱の破壊は、仲魔の魔法一発で崩れるので
ライドウが担当する柱をあらかじめ1/3ほど削っておいて別2本を破壊。
「天罰」前に3体で残りの1本を破壊。


ぱぱっと感想。
戦闘がアクションということで、ザコ戦が面倒です。
立ち回り次第で強敵にも勝てますが、気を抜くとザコでも長引くのがアクション戦闘の特徴。
特にこのゲームは敵遭遇率が非常に高いので指が疲れます。
後半はもう仲魔にしたキャラに話して回避しまくっていました。

悪魔会話は相変わらずの思い通りの行かなさです。
しばらくペルソナシリーズしかやってなかったから、逃げられたときの悔しさったら。

戦闘スキルが最大4つしか使えないのは不便でした。
逆に考えれば継承させるものが4つで済むという利点はありますが。
ディア系とリカーム系を選択したら、もう2つしか選べない!
おかげで直接ダメージを与えない精神系や補助系スキルはおなざり。

捜査スキルは画面に召喚していない仲魔のものも使いたかったなぁ・・・。
いちいち召喚しなおすのがとっても手間がかかります。

とまあ、不満点ばかり挙げましたが、理不尽なところがあるのがこのシリーズだったりするわけで。
難易度に関していえばかなり低いぐらいでしょう。
直線範囲魔法が強すぎてかなりゴリ押しが可能です。

ストーリー
主人公=プレイヤー視点で追っていくため、話の内容を見せるのはなく
自分がその世界でどういった行動をするのかを問われる選択肢が多いです。
答えによって有利不利があるわけではないので、
フリーシナリオRPGが好きな人は好みの内容かと。
(ただし、大きな話の流れは変わりません)
最近のメガテンは世相に触れてるものが多いですね。


その他
ミニゲームで麻雀ができますが、ドンジャラみたいなものだと思いきや
思い切り麻雀してるので右も左もわかりませんでしたよ。
説明すらないとはさすがメガテン。
私は幻水4のリタポンぐらいで丁度いいです。

タエシールはいいから凪シールをください(えええ)

0 Comments

まだコメントはありません