=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

テイルズ オブ ヴェスペリア(PS3版) プレイ日記・6

2部に入ったら戦闘曲と勝利会話の一部が変わりました。
エステルにハイタッチされて戸惑うリタが可愛かったのに!
ラピードに袖にされるエステルかわいそう(笑)

サブイベントが起きて他にもうないな、と思ったらすぐ2回目が発生することがあるので
サブイベントが起きた地点は入り直す癖をつけなくては・・・。
あと、街の宿屋は一度は泊まったほうがよさそうです。

続きは港の町カプワ・トリムから幽霊船アーセルム号まで


キュモールを見失いました。
追うあてもないので、このまま本来の目的地、モール港を目指します。
キュモールは追わないんですか、と問うエステルに
あなたの駄々っ子に付き合うギルドだったかしら、とジュディスがきっつい一言。
目の前の出来事から目を背けないのはいいけれど、本来の目的があるしね。
で、気配も無くいつの間にか沸いて出た、うさんくさいおっさんレイヴン。
ほんと油断ならないな!

・カプワ・トリム
レイヴンはドン・ホワイトホースから時期皇位継承候補であるエステルの
お目付けになるよう言い渡されたようです。
そりゃまあ、ギルドの内情に探りを入れてるとも考えられるし、
ギルド管轄区で揉め事、流血沙汰になれば騎士団も黙っちゃいませんね。
そう考えたらすごくやっかいなお姫様。

また、レイヴンは街を襲った魔物について、闘技場の元締めベリウスに
問い合わせるよう指示も受けておりました。 目的が同じなのでユーリらも
ベリウスに会いに行くことに。

夜の会話でジュディスだけどこにいるのかと思ったら、街から出ないと会えないのか!

さて、砂漠まで向かうのに交通手段を考えていたら、デイドン砦で会った
カウフマンと再開。 魚人から船を守る事を条件に、船を出してくれるそう。
貸してくれるどころか一隻貰いましたよ!なんて気前のいい!

船が手に入ったので、さっそく寄り道開始です。
向かいのノール港へ入り、さっそくデイドン砦でシミターを購入。
バックステップ、バックステップ! でもあんまり使う機会がないことに気付きました。
何の気なしに人々に話しかけていたら、倉庫番をやらされてしまった。
けっこう難しくて頭を抱えたよ。
まず真ん中の箱を使って北西側へ進み、北から南へ。これで一つ目の宝箱。
その場所の箱を使ってさらに南、これで二つ目の宝箱。
その宝箱のそばの箱を使って北東へと渡れば三つ目の宝箱が取れました。

ハルルではレイヴンの新術獲得。 この魔法はけっこう好き。
帝都まで戻ってやりました。 戻れてしまったら色々ダメなんじゃないか?!
リタの猫好き発覚イベントです。ますます好きになったじゃないか。
貴族から行方不明の兄を探してくれ、という依頼を受けました。

本編に戻ろう。
トリムから沖合いに進んだら魚人の襲撃。
お腹からパティがーーーっ!食われとるーーーーっ!!
負傷した船員のかわりにパティが舵を取ってくれます。 初めて役に立った。
カウフマンから「好きなところに寄り道していい」と言われましたが、
すぐにイベント起きちゃったじゃないですか。

・幽霊船アーセルム号
原因不明で推進用魔導器が動かなくなり、こちらを誘うように幽霊船から橋がかかる。
探索する方と残る方を分ます。 残った方も何かあるかも、と示唆されたもんで
探索チームは固定のユーリ、ラピードに、幽霊船に興味津々のジュディス、
あと怖がって行きたがらないリタを連れて行ってやりました。
もちろん、特殊なセリフを聞いてニヤニヤするためです。

ところが敵が強く、回復薬もいないので甲板を探索した時点でボロボロ!
全快するセーブポイントがあっても一進一退。
泣く泣くリタとエステルを交代させました。特殊会話も無かったし。
一応、カウフマンがアイテムを売ってくれます。くそう、商売上手め。
売ってくれるだけマシですけれどね。
3Fの西側へ進んだら、格子が降りてきて引き返せなくなった!
まだ他の部屋へ行ってないのに!!(後で行けるようになりましたが、何も無かった)
ここで居残り組みと交代です。

居残り組みは・・・リタ、カロル、レイブン、パティの4人。
ジュディスこっちに置いておけばよかったか!!
せっかくなのでリタを操作キャラにしますよ。 対空攻撃が意外に使える。
パティの技はトリッキーなものが多いなぁ。
カロルが回復技を持っていることをここで初めて気付きました。
別働隊はすぐに先発隊と合流できました。ふぅ。

船長室に残された日記で、この船は約千年前のものと判明。
ジュディス、怖いもの知らず!!骨ですよ! 怖がるリタが~可愛いぜ~。
船長の抱えている赤い箱を取ったら、ボス戦。

vs彷徨う骸の凶戦士
光に弱く、水、闇に耐性。 リタは火か土魔法のみ使用可にしておきます。
攻撃範囲が広い連撃技があり、銃撃をばら撒いてくるので魔法が唱えづらいです。
しかも相手も魔法も使ってくるのか・・・。
攻撃力はそれほどでもないので苦労せずに倒せるかと。
なんか立ち止まってるときに攻撃したらシークレット取れました。
いまいち条件がわからないけれど、まあいいや。


退けたら亡霊は鏡の中へ。
手に入れたものを持ち帰ることができなかったのが心残り、という趣旨の文章から
エステルは赤い箱を日記に書かれた『ヨームゲン』へと持っていくことを
ギルドに頼みたいと発言。
ジュディスがまた憎まれ口を叩きますが、リタが個人的にその依頼を受けると言います。
なんだかんだでユーリらも付いて行くわけですが。
船の魔導器が直った知らせを受けて、幽霊船から脱出です。
おっとその前に船長室のはしごからマストの頂上に出ると10000ガルド入った宝箱だ!
さすが貨物船、抜かりは無いぜ。手間賃としていただこうか。

赤い箱を『ヨームゲン』に届けるといっても、どこにあるんだ・・・。
そういえば次の目的地の場所もあらすじを見ても書いてないし。
あちこちフラフラ彷徨いつつ、未開の土地に上陸したら例によって高レベルのザコに
ぼっこぼこにされて逃げ惑うことになりました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事