=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

真夏の夜の花

隣町では毎年、花火大会が行われていて、
今までは開催地に行くわけでもなく遠くから眺めているだけでしたが
今年はデジカメも買ったしなー、ということで現地へ。
ちなみに土曜にも別の場所で花火大会が行われていたんですが、
そっちにも行く予定が急におじゃんになりまして。
片方には参加できたから、まあ良しとする。

結論から言えば、三脚は大事。



夜店
屋台というだけで、なんでもかんでもおいしそうに見える罠。
確実に罠。
サイリウム六爪流をやろうとして止められちゃったい(笑)

花火1
ブレますよ。 ええそりゃブレますよ。
思ったより難しいです。 デジカメの性能に頼りすぎていた。

花火2
カメラに夢中になるあまり、肉眼で見るのを疎かにしたら本末転倒。
やっぱりファインダー越しよりも遥かに美しく、綺麗です。
カメラを構えてるのが馬鹿らしくなるくらい。

花火3
比較的よく撮れてるものだけアップしてますが、
もう撮りはじめなんてヘロヘロのクニャクニャで見せるのも恥ずかしい。

花火4
これは自画自賛したいくらいよく撮れた。
電灯が無ければ。
右の緑色の光は全部街頭です。

花火5
夜空を染め上げる勢いの彩りに、会場からも思わず拍手が。

花火6
顔を右に傾けてみましょう。
キティさん花火だそうです。
ドラえもんっぽい花火もありました。

花火12
う、ウニじゃないんだからね! 勘違いしないでよね!!
カメラのスローシャッターの調整具合でこうなりました。
使い方が分からない・・・。

花火7
縦横無尽に駆け巡る花火はどうやって作っているんだろう。

花火8
今時の打ち上げ花火は、全部コンピューター制御でやってるそうです。
私は今でも花火職人がタイミングを計って点火してるものと思ってたよ。

花火9
キャンディ?
土星型のようなものもありました。

花火10
しかし、ものすごく人が多くて、クライマックスを迎える前に
早めに会場から離れておこうという事になって、引き上げる準備をしてました。
ところが同じ考えの人もまた多いようで、人が渋滞を起こしてにっちもさっちも行かず。
10分かけて3歩しか進んでないよ!
結局、帰りの行列に並んでる状態でクライマックスを迎えました。
邪魔になるわけにもいかないので、その時にはデジカメはしまっていたけれど。

花火11
体調を崩して運ばれてる人も何人かいたみたいでした。
かくいう私も、ちょっと熱気やひと気にあてられて辛かったです。
手を上に伸ばしたら、たかが60センチくらいなのにそこの空気は涼しい。

その後は涼しい場所に避難して、久し振りにご相伴です。
ああ駄目、汗かいて水分が減ってるのにアルコール飲んだら回りが速い。
誰か私にラムネをください。 ああまた軟弱者と言われた。

真近くで見る花火はとても素晴らしかったんですが、
人の波を経験すると、来年はちょっと離れた場所からでいいや、と思ったり。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事