123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-12-04 (Sat)
京都に行ってきたついでに、ちょっとお高そうなお店の
玄関に胡蝶蘭が置いてあったので写してみました。
女将さんは何も言わなかったので厚意に甘えたぜ。
だって、こんなの家に置けない!買えない!

胡蝶蘭(白)
胡蝶蘭は和名で本来はファレノプシスといいます。
こうやって新装開店などのお祝いにも使われたりして
室外でも丈夫に咲くイメージがありますが、
蘭の仲間のご多分に漏れず温度・湿度管理などが難しく、
かなりデリケートです。
きっと素人が育てるとこんなに綺麗には咲かない。

胡蝶蘭(水面)
くっ、こんな風情のあるつくばい(つくばい、という名前のオブジェです。これ。)
ができるなんて、さすが京都だぜ・・・!

胡蝶蘭(赤)
胡蝶蘭といえば桃色。
「ファレノプシス」とはギリシャ語で「蛾に似たもの」という意味。
蝶と蛾では言葉の受ける印象がえらく違いますが、西洋東洋でも
見た目のイメージはそう違わないようです。

花言葉:<清純> <幸福が飛んでくる>


| 花にかこまれる生活 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する