=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

モンハンP3 湯けむり狩猟紀行・31

さっぱりクエストが進んでおらず、進むのは脳内劇場のみ。




ふと気付くと、僕は色とりどりと咲き乱れる花畑の中にいた。
周囲に目線をめぐらせると、うっすらと遠くに人影が映る。
あれは・・・我が大祖父?
僕がその人影に近づこうとして歩み始めると、彼はゆっくりと首を
横に振り、こちらの動きを制止する。

「あなたは、我が大祖父ではないのか!」

僕が言葉を発すると同時に、目の前に太陽が落ちたかのような
まばゆい光が視界を奪う。

再び目を開けたときには、花園や大祖父と思しき人影はなく、青い空から
こちらを見下ろす見知らぬ娘の顔があった。

ここは・・・どこだ。

どうやら僕は地面に倒れているようだ。
ふと、それまでのことを思い出して僕は飛び起きる。
ふいに激痛が後頭部に走る。どこかにぶつけたのだろうか。
目の前の娘が驚いたようだが、それに構っている場合ではない。
僕は、そう、雪山にいたはずだ。しかし、今いるこの場所には
雪が積もっていた形跡すらない。

「ここは、ユクモ村ですよ」

僕の思考を読んだかのように、娘が現在地の名前を口に出す。

「ユクモ・・・?聞いたことがないな、ポッケ村はどこなのだ?!いや
 そもそもどうして僕はここにいるのだ!?」
「確か、僕はハニーと婚前旅行へと赴く馬車に乗っていたはずなのに!!」

「はにぃ?」

「なぜ僕がこんな所で倒れている!?ハニーは、彼女はどこに!!
 ――ッ!まさか、いやそうに違いない!これは、我々の婚姻を快く思わぬ
 連中の仕業か!大方予想はつくぞ、我がパルヴィ家を目の仇にする
 ディスシティ家のやりそうなことだ!おのれ、あの御者は奴らの間者だったか!
 まさかハニーは奴らに・・・! くそっ、忌々しいディスシティ家め!!
 我がパルヴィ家を本気にさせたことを後悔させてやるぞ!」

「あの、考えが口にでてますが・・・」

「美しい娘よ、この僕を介抱してくれたことに礼を言う。本来ならば
 恩人として我が屋敷に招待しいところだが、あいにく僕は急がねばならぬ。
 まずは雪山に戻り、ハニーの消息を確かめねば!ああ、我が愛しのカトレアよ!」

「まあ、カトレアさんの婚約者とは貴方だったのですね!」

「うん?何故ハニーの名を・・・ふむ・・・ほほぅ・・・うーむ、なるほど
 よく見れば確かな教養を身につけているような顔立ち、振る舞い、
 そこそこ名のある家柄の出身と見た。いや、これは失礼。申し訳ないが
 今すぐ馬車の手配をして欲しいのだ。一両日中にはポッケ村に戻りたい」

「ええと、私もポッケ村に向かいたかったのですが、この村の近隣に
 多数の獰猛な大型獣を見かけるようにになって、
 一般人の街道通行許可が下りづらくなってしまって・・・」


「何だと!身動きが取れないというのか!!」

「そういった獣を駆逐するハンターがこの村には少なく、私も微力ながらお手伝いしているのですが・・・」

むぅ・・・このような辺境の開拓地では、未だに野獣の影に怯えて暮らす生活を
強いられる者たちがいるというわけか・・・我が国も短期間で領土を広げたために
端々にまで管理の目が行き届かぬ弊害をこんなところで被るとは。
帰ったら父上に進言しておかねばならぬか。せめてここが我が領地ならば
すぐにでも大規模な山狩りを行えるというのに。
ああ、愛しのマイスイートハニー!君のことを思うと胸が張り裂けそうだよ!

「決めたぞ、ならばこの僕が直々に野獣の脅威から諸君らを救おうではないか!」

「えっ」

「民を救うのも僕の勤めであろう! 僕は貴族だからね!!
 それに、征伐に足る人手がないのだろう?
 心配することはない、これでも狩猟の腕には自身があるのさ、
 去年の秋には熊を一頭、仕留めたこともあるのだよ!」

「あの、狩猟区に出るような動物では・・・」

「任せたまえ!狩りは貴族の嗜みだからね!!」

「・・・行ってしまいました。なんだか色々と誤解をしているようですが・・・。
 それにしてもカトレアさんから届いた荷物袋に縛られて入っていたのはびっくりしました」




2ndキャラ作成。
名前はセルヴィス(サルビア、セージ)
どこかの伯爵家の嫡男という設定です。間違えた貴族像そのままのイメージ。
基本的に弓、ボウガンのみで進めようかと。どこまで進むかわかりませんが。

ちなみにP2Gのキャラ、カトレアとのやり取りはこちら

Comment

No title 

上位になると一回一回の時間が長くなってきて自分もちょこちょこしか進みません…

劇場凄く楽しませてもらいました!!
ハニー辺りで子安さんボイスで再生されました(笑)
こういうキャラクタ大好きです!!
このあとセルヴィスさんはどうなってしまったのか!!?
非常に気になります。
  • posted by マリー 
  • URL 
  • 2011.01/13 04:42分 
  • [Edit]

No title 

おはようございます。
ついに登場ですね!
上のマリーさんの「子安ボイスで」発言に吹いた!
確かに似合う!
セルヴィスさんのご活躍に期待致します。
そして、うちの痛い人マティアスくんと、いつかご一緒になりきりプレイをして、鬱陶し狩りをやりましょう。
(ただ私もどこまで続くのか、そしてなりきれるのかが問題ですが)
  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2011.01/13 08:07分 
  • [Edit]

No title 

こんばんは。
最近、狩友さんの間で脳内劇場がブームのようで秘かに楽しみです。
ついにカトレアさんの婚約者・セルヴィスさん登場ですね。
彼のご活躍に期待しております!

ちなみに、うちのサブキャラさんは下位のお知り合いに便乗して
ちゃっかりHR2に上がっております。(笑)
  • posted by 千晶 
  • URL 
  • 2011.01/13 19:02分 
  • [Edit]

No title 

皆様、こんばんは。

>マリーさん
じゃあいっそのことセルビエとでも名乗りましょうか(笑)
私的にはオリビエほど格好よくなくて、もっとバカな設定なのですが。
彼のその後はこの後すぐ!


>ペンタさん
こんなところでお目見えです。
おおぅ、ペンタさんまでいい声を連想してらっしゃる。
期待するほどの活躍を見せるのか、かなり不安ですが。
1クエストにかなり時間がかかっています。
2ndキャラ同士で集まるのも一興ですね。


>千晶さん
設定だけなら1年前から登場しているセルヴィス。
満を持しての登場でした。そして代わり映えしない。
弓を使っていくつかクエストをこなしましたが、
期待されるほどの戦果を上げるのが厳しいようです。
アドパでちまちま遠巻きに攻撃するのがやっとかもしれません。

  • posted by 縁永(ゆかりな) 
  • URL 
  • 2011.01/13 23:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事