2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
もう台風も怖くない
2011/05/28(Sat)
ああ、今週も長かった・・・そしていつの間にか梅雨入りしており
台風もやってきた。もうローズフェスタ絶望的!
いいもん、明日はずっとこれで楽しむもん。

買い物
まどか☆マギカBD2巻と、儚き刻のリオン5巻。
まどかのほうは通販会社が気を利かせすぎて4日前に届く椿事。
リオンのほうは激しい雨に僕の弱い心は強く打たれながら急いで買ってきた。


続きはまどかBD2巻の感想


本編のオーディオコメンタリーでも触れられていますが、
まどか☆マギカという作品をBDで見直していると、本当に人物の心理が
丁寧に描かれていてとても驚く。
確固たる「自分」というものを持たないゆえ、将来について簡単に
他者の言動に流されたり安易な選択をしてしまいがちな思春期の
子供の行動原理を見事に主人公であるまどかに落としこんでいる。
まだ自分の将来のことはおぼろげにしか見てないし、考えていないため
だからこそ早々に自分の道を決めたマミに憧れて、その勢いで
「魔法少女もいいな」とよく考えずに決断しようとしたり、後に罪悪感による
贖罪のために再び魔法少女になろうとする。
反面、その決断を先延ばしにしようとして逃げる姿勢でいたりも。

一方で、マミはその責任感の強さから、安易に魔法少女の道に走ろうとする
まどかに何度も忠告したり釘を刺したりするものの、心の奥底では共に戦ってくれる
存在を強く求めており、まどかのいい返事を期待して「体験ツアー」を行ったりなど
その二律背反から「積極的に勧めはしないが、あなたが望むなら
強く拒否はしない」という立ち位置にいて、あくまで個人の意思で選んだという
体裁を保たせている。

さやか、杏子、ほむらにもそれぞれ「卑怯」な面をどこかしら持ち合わせているため
非常に人間らしいというか、そういう行動をとってしまうことに頷けるんですよね。


まあそれはともかく、
ミさんのジカルスケットンスはいつ見ても惚れ直す。
M        M       M        D

MMMD1MMMD2MMMD3
MMMD4MMMD5MMMD7
撃って殴って蹴って叩いて撃って叩いて蹴って殴って撃って蹴って撃つ!

ブックレットの4コマのマミさんもいいなぁ。
サウンドトラックCDは即行でウォークマンに転送さ。
聞きながら町を闊歩するには暗くて重たい曲ばかりなのですが。
vsシャル戦で流れた曲はvol.2待ちかー。

そして今夜は、人知れず静かで大きな戦が控えているのさ・・・。

この記事のURL | アニメ関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://silverlightning.blog69.fc2.com/tb.php/2224-48035cdd

| メイン |