=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

百枚の花弁

やっと感想が書ける。

Centifolia ~Noriko Mitose Art Works Best~
Centifolia-Noriko Mitose Art Works Best-Centifolia-Noriko Mitose Art Works Best-
(2011/11/30)
みとせのりこ

商品詳細を見る


曲目を見るとまさに布教用・入門用という言葉がぴったりな一枚。
ありとあらゆる「みとせこりこ」がこの中に凝縮されております。
これまでコンピュレーションアルバムやコンセプトCDなどにしか収録されてなかった
入手しづらい曲も入れてくれているのでファンにも嬉しい。
また、ゲームサントラ収録の曲も入っているので、わざわざそのサントラを
引っ張り出すという面倒なこともしなくてよくなったのも便利。

すでに持っている曲が半分くらいありますが、このアルバム用にアレンジされていたり
生演奏で収録されていたりするので違いを聞き比べるのもよし。

Centifolia 〜Noriko Mitose Art Works Best〜 試聴ページ
http://www.team-e.co.jp/products/kdsd-00515.html


続きはあまり感想らしくない感想



・水唱〜スイショウ〜
この曲を聴くと体感温度が確実に下がるから冬場は辛い(笑)
この曲のためにとらのあなでコンピCDを買ったのが懐かしい。

・桜散ル夜〜ハナチルヤ〜
超絶変態ヴァイオリンの時間だよ!でもまだ大人しめ。
この曲は明治・大正ロマネスクの香りがしてとても私好みではあるのだけど
やはり「yorlga」というアルバムに収まってこそだなぁ。
曲に魂を抜かれてついゲームのほうに手を出してしまいそうになったのは秘密だ!

・白と黒の祭儀
・Crimson Sign
白と黒の名の通り、白みとせと黒みとせのせめぎあい(笑)
ぜひ照明を落とした真夜中で聴くべき。
ドラマCDではカットされていたCrimson Signはフルバージョン収録とのこと。

・櫻幻燈
ちょっとした休憩タイムというか、つかの間の平和というか(笑)穏やかな曲は
早春賦などのようにすっと心に入ってくるみとせさんの歌声が好きだ。

・キネマモザイク〜薔薇の筆跡〜
文明開化の音がする第二弾。錆ついてぎこちない動きの人形劇を見ているような
この危うい感じが何ともいえぬ。

・海つ波
ああん、もう多重録音ばんざい!

・STIGMATA
どこが変わったのか気付かなかったけど、マナケミアサントラと聞き比べたら
ベースやギターが抑え目でその他の音がより聴きやすくなってた。
しかし脳内ですでにそういう補正をしていたためか気付かなかったよう。
ということは今のアレンジが私の好みに合うという事か。
ガンガンにギターやベースが響いてるのも好きなんだけどね。
生演奏のためかやや音が遠いけど、やはり気分が盛り上がるわこの曲は。
カラオケで思いっきり歌いたいな。

・Rains
みとせさん、「唇」と「柘榴」の併せ方が好きなのかな?
白と黒の祭儀でも出てきたけど。

・manors e gena
単体でもとても良いのだけど、やっぱり「Lucce e Iombra」でひとつの作品として
聴いた方がより入り込める。グレゴリオ聖歌系と多重録音なんてツボを突きすぎているよ!

・Lorelei
サントラのほうでは目立たなかった(無かった?)
フルートなのかピッコロなのかが入っていて深みが出てきた。
でも楽器の少ない寂しい感じも曲とあってて好きよ。

・蝉時雨
そのまま聴いている分にはあまり気にならないのだけど、ヘッドホンを使うと
シンバル部分なのかな?妙にシャリシャリと音が出てきてちょっと音割れを起こす。
これはヨルオトヒョウホン収録時にも気になってたのだけど、今回のCDでは
より強くなってていた。ヘッドホンの種類にもよると思うのですが。

・Centifolia
穏やかでありつつどこか退廃的な世界。例えるなら廃墟となったビルの瓦礫と
むき出しの地面に這う薔薇の花と蔓。どうしてこの人はこんなに似合うのだろう。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事