=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

買い物

>18日に拍手コメントしてくださった方
スープ
とりあえずネギ、白菜、溶き卵を加えた鶏ガラスープに焼き小龍包を放り込んでみました。
でも小龍包の生地が思ったより厚いのと、焼いているためスープを吸わなくて
あんまり効果的ではなかったです。そのまま食べるよりは良くなりましたが。
今度は焼いてるやつじゃなくて蒸したものを買うようにしよう。


メモリアルワークス
「アーランドの錬金術士シリーズ公式設定資料集 ロロナ・トトリ・メルルのアトリエ メモリアルワークス」
この間プレミアムアートブックが出たばかりなのに、なんでメモリアルワークスなんて
出たりするんだろう、搾り取る気満々じゃないですか表紙のために買ったけど!!
今回は設定資料集なので絵が中心ではないのですが、そもそもシリーズに
そこまで深い設定がなされているわけでもないので非常にアバウト。
オルトガラクセンや塔の悪魔、無限回廊のことがもっと深く載ってると思ったのに・・・。
シリーズ紹介や人物紹介ではイベント絵を交えつつの説明で判りやすくまとめられてる。
『設定資料集』というより『ムック本』と言ったほうが近いかもしれない。
読み物としての楽しさはあります。

掲載イラストはアートブックと被ってるためイラストでかさ増しせずに文字量を多くして欲しかった。
各スタッフのコメントと阿知波氏、岸田メル氏のインタビュー、各主役声優コメント
アーランドが王制から共和制になった部分の説明は嬉しい。

ちなみに表紙はプラスティックカバーがついていて、文字はそこに印字されています。
外すと絵だけを堪能できるよい作り(でもこのケースのおかげで出し入れがし辛い)
ちなみに裏表紙は正装のスケさん、ジーノ君、ライアスの3人。
なんだか久し振りにスケさんがまともな格好をしているのを見た。
あとはカレンダーの絵を綴じてくれればと思わずにいられない。
デザイン設定画も収録されてますが、それはプレミアムアートブックがあれば
そちらの方がより多く、大きく載っているのであまり必要でないような。
ただ文章による説明が少々入っているため、イメージは掴みやすいというのはあります。
レイアウトもこちらのほうが見やすい。
カウントダウンイラストはスタッフ分まで載っているのは嬉しい要素。
巻末に載ってる2つのマンガは・・・。


その他
他に本屋で買ったもの。
・来年用カレンダー
今年と同じく「花時間」のバラ仕様のほうにしました。

・児玉清さんの切り絵の本
時間があれば手芸とかやりたいわー。かぎ編みとかクラフトアート用の材料が
売ってあるお店にたまに行くのですが、いつも見てるだけ。

・銀の匙2巻
1巻のハチの家畜に対する態度は私の高校の同級生のことを思い出すような姿勢でしたが
2巻からは少しずつ本人なりに生きている動物と普段口にしている肉に対しての
擦りあわせができ始めているよう。それとは別にハチや御影の抱えてる問題にはとても共感できる。
世間では夢の無い若者が増えたと言ってるが、違うんだよ。

・ビブリア古書堂の事件手帖
・よろず占い処 陰陽屋へようこそ
これを正月に読めるほど私には時間があるんだろうか・・・。

パンプキンシザーズ15巻を買いに行ったのに、発売日を間違えてた。
ネット上の2012/1/17っていう半角表記がつい2011/12/17って見えるんですよね
それにしてもまた本屋に行くたびに読みたい作品が増える増える。
とりあえず自分用メモにホークウッド、曹植系男子、進撃の巨人もずっと気になっている。
しかし今月は異様に出費がかさんでるから抑えないとねぇ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事