12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-01-20 (Fri)
ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~

うん、面白かった。
作中に挙げられている本の内容を知らないとついていけないのだろうかと
はらはらしながら手に取ってみたわけですが、無知識でも何の問題もなく
主人公が文芸作品に関して知識がないため、読者の視点でいてくれるのでありがたい。
(本の内容が大きく関与しないという点では肩透かしという人もいるかもしれない)

1~3章までは古書堂に訪れた人々の本に纏わるエピソードを
古書堂の美人店主、栞子が安楽椅子探偵ばりの推理で解き明かしながら描き
私はミステリーと聞いていたため、あれ?こういう話が続くのかなと思いきや
(よく考えたらミステリー=殺人事件ではないよね。殺人事件が好きなわけではないが)
4章に入った途端に今まで平坦だと思っていた道が実はジェットコースターの坂道を
緩やかに上らされていたことに気付く。

栞子の本に対する歪な愛情の見せ方がよい。
それと同時に普通そうするだろうな、と納得することもできる。
読子(後述)より毒気のあるこのキャラ造形は好き。
『俺屍』をプレイしていたせいか、頭の中で黄川人が再三警告してくるのだよ(笑)

余談
安く買い叩いたのは誰か、というところを想像するとさらに因果なものを感じられて面白い。



栞子の外見を述べた文章を読んで、ぱっと思いついたのが同じビブリオマニアである
R.O.D.の読子だけれど、読み進めていくと内面は違っていて
別のキャラを思い浮かべそうになったけど、それが誰か思い出せない。

すでにコミカライズが決定していて、もう水面下ではひょっとしてアニメ化
ドラマ化、実写映画化の流れまで見据えられてるんじゃないかなと思わずにはいられない。
話題になった作品って、おおよそこの流れから外れないよね(笑)

| たまには読書 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する