123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-02-06 (Mon)
最初に美味しそうな画像を載せておこう。
今回はスタンダードに豚玉。
豚玉
しかしなんだ、お好み焼きってひっくり返してからどのタイミングで完成かわかりづらい。
生焼けを恐れてしっかり焼きすぎると豚肉がパリパリになってしまうわけで。

ミックスモダン
次は正月に残ったお餅を切り分けて入れておきました。
真ん中の白いのがそれです。
ちなみに粉がなくなったのでたこ焼き用の粉を使ってお好み焼きを焼く。
表面がサクサクとクッキーみたいな歯ごたえになりました。面白い。


さてここからが本題。
先日、某サイトにて“ヨーグルトを使ったチーズケーキ”の作り方を見て
これなら安価でチーズケーキ作れるじゃーん!と私にしては珍しく思い立ってから
行動が早く、さっそく作成。



水抜き
まず市販のヨーグルトをまるまる水抜き。
一晩かかるらしいのでこれは前日に下準備しておいた。
ここで脂肪ゼロのヨーグルトを買ってきたことが裏目にでた気もする。

水抜き2
こうやって乳清(ホエー)を切ってやります。
コーヒーフィルターを使ってもいいらしい。

一晩後
一晩経つとこんなに。
わけた乳清はヨーグルトの栄養分たっぷりなので捨てずに別のヨーグルトを食べる時に
混ぜたり混ぜなかったりする。

一晩後2
かさのあったヨーグルトもこれだけ小さく。
これに驚いてさらに残った水分を絞らなかったことが裏目ポイントその2な気がする。

卵白
卵黄と卵白に分けるよへへいへい。
慣れないから卵黄を割らないようにものすごーーーく気をつかったとも!
卵黄は使わないから卵焼きのほうに使った。

ホイップ
じゃあ水抜きしたヨーグルトと卵白とホイップクリームを混ぜます。
ちなみにレシピ上は砂糖を60gと書いてあったのですが、控え目な甘さが好きな私は
ヨーグルトについていたグラニュー糖(8g)しか使いませんでした。
それは流石に少なすぎるだろうというのは解かりきっていましたよ。

合成
ボールにギリギリの量まで一気に増えたあああ!こんなに増えるとは思わなかったよ。

蒸し焼き
このあと型に入れてオーブンで湯銭焼きするそうなのですが
オーブンなんてウチには無いんだぜ!
要するに蒸し焼きしたらいいんでしょ!というわけで無理矢理蒸し焼きの形に持っていく。

蒸し終わり
40分ほど蒸し焼きしてるとかなり膨れ上がった生地が蓋を押しのけようとしてたため
表面がちょっと不恰好になりました。が、なんか美味しそうじゃなーい♪

冷却後
粗熱をとって冷蔵庫へ。再び取り出したときにはだいぶ萎んでいた。
しかしこれでも美味しそうではないですか。

とりあえずこの状態で食べてみた結果
途中までわりと美味しく出来ていたのですが、底のほうに水分が溜まってちょっと
べしゃっとしてしまっていました。そしてやはり甘さが足りない。
味そのものもなんだか頼りないのは脂肪ゼロのヨーグルトを使ったせいだろうか。
あとケチらずホイップでなくて生クリームにすればよかったか。

ちなみに薄力粉、バターと卵黄を使ったほうのレシピもあったのだけど
変なところで楽をしようとした私はそっちを採用しなかった(笑)

飾りつけ
甘さについては蒸す前のクリームを載せて、さらにジャムを加えることで改善。
味付けについてはこれでクリア。見た目はなんだかなぁ。

底の水っぽさについては、残っている材料で小さいカップを使って焼き時間の調節を
試行錯誤した結果、焼き時間が足りないという結論にたどり着きました。
オーブンでないから熱が逃げやすいんだろう。たぶん。

ブルーベリー風味
残りのもう半分をあらためて型に入れます。
底にブルーベリージャムを敷き、1層めのクリームは普通に、2層目はブルーベリー
ジャムを加えて混ぜたクリームにしてみました。これで味の物足りなさは解決するはず。
あとはこれをもっとじっくり時間をかけて焼けばいいんだな!
というわけでこれは明日にやります。

底が浅くて広い器を用意すればかなり簡単だと思うのだけど
家にそんな都合の良い器は無かったんだ!

| ひとりごと | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する