123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-02-21 (Tue)
もう基本的に技を使わないとまともなダメージを与えられないので
このゲームにおいて通常攻撃が何の意味をなすのかちょっとわからない。
気力ゲージもあって無いようなものだし(一応、それを減らす敵が出てきてるけど)

続きはメリスマ平原からグーグレウォンまで。



・メリスマ平原
入ってすぐにテラスカミエ・ラと戦闘。
ところが2ターンくらいで強制終了。どうも絶対に勝てないようです。
本の差出人はウッツェというちょっと胡散臭い男。
本の出所はヒオニ山西部のご禁制の書物が隠されてる小屋からだそう。
誰が集めたんだろうか。
テラスファルマのせいで身動きが取れなかったウッツェを保護して平原をあとにする。
奥に進もうとしたらさっきのテラスファルマがとおせんぼして通れなかった。

・ヒオニ山西部
雪山に向かうならまた火属性を付加しておく。
いろいろ分かれ道があるものの、結局は敵を倒していかねば進めなかったり。
すぐに敵が復活するから無駄な戦いばっかりだ。や、100%撤退できるけども。
小屋の中に速水ボイスの素敵なおじさまが!!おじさまという年齢か怪しいが。
小屋で主人公らを待っていたレギウス、自分自身の知識と能力の全てを提供する代わりに
世界の真理を知りたい、と持ちかける。この時点で異様に主人公が買いかぶられてるような。
アイオニアと朱キ斧の狭間で翻弄されつづける流れを変えるため、この申し出を受ける。
結局、その小屋の本は誰が集めたのかわからなかった。が、ただ当時の本好きの人が
住んできただけで、雪山の奥だったから誰も気付かなかっただけなのかもしれない。

あ、レギウスも戦闘するんだ。せっかくメンバーに戻ったデューカスさんさようなら。
戦闘中の動きがちょっと面白い。立ち姿が格好いいのでリーダーにして歩かせてます。

レギウスを加え、本拠地で会議。これから大きな勢力となるべき自分達の組織名を決めます。
いつもどおり組織名を「ブライダルブーケ」本拠地名を「ガーデニア砦」としました。
どうせなら漢字が使えればよかったのに。

・メリスマ平原→シダスの森
しまった、いきなり作戦決行してしまった。でも平原を抜けたら自由行動できました。
アイオニアにテラスファルマへの戦闘経験を積ませるだの何だの理由付けをして
そっちに押し付けたり、アイオニア兵がオゥヤーに絡んでることで
「手間が省けた」と言っちゃうレギウスの強かさが好きだ。軍師はこうでなくては。

ミュラ 「怖いな、お前」
レギウス 「それほどでも」

こういうやりとりも大好きでな!

・グーグレウォン
戦いに向かないフェザードライブは一族を挙げて協力こそできないが、助けたオゥヤーと
呪術師ブートゥルーガが仲間になりました。
ちょっとー!いくら空飛ぶテラスファルマが相手だからって、もう固定メンバーばかりで
ブートゥルーガの代わりにボールドンを外すしか選択肢が無い!イリア回復で必要だし!

トルマリーに行く前に、さっきのイベント中に100年前の弓使いだとか呪術師とか言ってたから
近くの仲間キャラがいるところに足を運ぶ。
100年前のヒオニ村のヘイドレイクさんからヒオニ山西部に植樹してもらい
猟師のビーアーガからリュセリに技の伝承。無駄な殺生をするなと言われたので、一応
虎以外の敵とぶつかったら撤退を選んでおいた。
100年前のワイバーンの巣のバダムハタンからメリスマ平原に植樹。
鎧鍛冶師のダグスマから防寒具の技伝承。いちいち現代に戻って氷結洞でアイテム手に入れるのが
面倒でした。だんだん手順が面倒になってきたな。

これ、意図せずテラスファルマの囲い込みになってきてる気がしないでもない。

| 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する