123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-03-03 (Sat)
だから今~百年ごとに~世界線を越えて~♪
タイムスリップものをプレイしたらシュタゲやりたくなってきた。
PSP版は今なら安いけど、近々PS3版も出るそうな。

続きは叡智の館から


・叡智の館
拾った宝玉を壁にはめ込んでいくだけ。マップそのものはそう複雑でも無いので
地下遺跡のほうが手間取るくらい。それより道の真ん中に陣取ってる敵が面倒。
奥にはテラスファルマ増殖炉が部屋一面に配置されていました。
それを調べると製造されたのが今より30年前、それよりもっと遥か昔に
製造されたものも存在。
それらを前にしたアーロンが高笑いとともにようやく合点のいった答えを語る。
マルティリオンを襲ったのはこの館からあふれ出たテラスファルマ
そして朱キ斧に技術を流したのもアイオニア。
朱キ斧も主人公の軍勢もアイオニア軍さえ森羅宮に踊らされていたと。
ああ、やっぱり20年そこらで素人が研究したところでテラスファルマが制御できたり
増殖できたりするわけないしなぁ。

地蟲のひとりであったロシェル、閉ざされた世界で秩序を保つには敵が必要で
朱キ斧はその役目を負わせるために結成させられたものなのだと白状する。
おおぅ、激昂したアーロンの弁が妙に格好いいぜ。格好いいけどそこにある
箱の封印を全部解き放つとかやめて!
館から脱出する一同、最後に残ったロシェルが魔力供給炉を暴走させ、館ごと
テラスファルマを消し飛ばす。

この全てを仕組んだ者が真に戦う相手だと、組織や種族の枠組みを超えて結束。
するとレギウスが「一刻も早く時代樹のもとへ」と急かしてくる。
誰かが過去改変をし、叡智の館で起きた出来事をなかったことになる記憶と
現在の記憶が混在。リーディングシュタ(以下略)
んん?百万世界説が正しいなら他人の手で「なかったことになる」世界は今と別世界になって
この世界は相変わらず叡智の館が壊れたままじゃないのか
いかん、ややこしくなってきた。

叡智の館が何十年も前に打ち捨てられたのなら、マリティリオンの惨劇は起きなかったが
館の記憶のみが改変されてマルティリオンの状態は変わっていない、つまり
大幅な歴史改編しないために本来事故でテラスファルマに襲撃されたマルティリオンを
わざわざ意図的に襲った、アイオニアの森羅宮が過去改変できるという結論にたどり着く。

そのアイオニア本国は主人公の軍勢を朱キ斧の分派として断定し、敵と見なす。
本拠地を襲撃してくる際に使われるであろう浮城に対抗するため、失われた技術「船」を
手にするためにアストリッドの元へ。
殿下、今はせ参じます!!港町ナヴァレの船大工を紹介していただきました。
あと殿下から真理の雷を伝承。いやほーーう!
ついでにいろいろ各地を巡って宿星集め。話しかけて反応のある人と無い人がいる。
かなり集まったのはいいのだけれど、もういちいちその場所の時代樹に行くのが面倒で
隣接したマップ同士に時代樹植えてるなら、そのままの時代で移動させてよ!


・南方街道
なんかアイオニア軍がいっぱいいる!
聖皇陛下の期待とお心を裏切ったお前たちを許さないとマキアさんご立腹。
これだから生真面目な人はっ!!
vsマキア
うわ、近衛兵の数も多いし、攻撃力高いし、HP多いし・・・ってイベント戦かーい!
数ターン経ったらジャグワン率いるスケイルホードのみなさんが乱入。
マキア隊を足止めしてくれます。あの部隊を足止めできるってすごいな!

・港町ナヴァレ→ナヴァレ海岸(100年前)
200年前に作られた船が1000年もつとかどんな超技術だ!
潮風に吹かれてもなんのその! ・・・いや確かに清水の舞台とかは平気で千年もってるな。
む、船を手に入れたら直接浮城に乗り込むのか。

・浮城
航行不能にするために魔力制御装置を止めにいきます。
よく見たら帆船でもガレー船でもないからこちらの船も同様の原理で動いてるよう。
そりゃ封印したくなる気もわかる。

おいおーい!なんか雑魚敵が全体一撃死魔法とか放ってきたぞ!メガテンか!!
・・・と、後になって冷静に考えたらマキア戦で消耗したまま回復せずに
ここまで来たからかもしれない。
そろそろダメージが高くなってきたので、指輪の強化を考えねばならないかも。
コンビネーションとか連撃とかで一発で落ちることも多くなってきたし。

vsダムディン
実は供給機関を守ってる敵兵のほうが強い!

浮城を押し返し、次に森羅宮が打ってくるかもしれない手は時代樹で主人公らの
存在を消す事ではないかと推測。それに対抗するため、トルワドたちにアイオニアの
動きを警戒するよう忠告。その会話の流れで何やらピンときた主人公、
ゼフォンに頼んで結界の外を覗きにいきます。
そんなことができるゼフォンにはもう驚かないが、それをさらりと見抜く主人公に驚く。

| 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する