123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-04-25 (Wed)
亀岡ってのはわりと近くでしてね。
ギュンギュンとヘリが飛び回ってたりしていたのですよ。

でさ、それだけ取材をしておいて出てきた文言が、やれ道幅の狭さだの
やれガードレールが敷いてないだの、道路状況に関することばかり。
おかしいな、あの事故は道幅が広ければ起きなかったのだろうか。
ガードレールがあれば防げたと?

無免許である人間が車に乗るという「してはいけないこと」に
居眠り運転という「あってはいけないこと」を重ねたら
どれだけ道が広かろうがガードレールがあろうが事故は起きるだろうに。
ガードレールというのは万が一ぶつかった時の被害を極力抑えるためのもので
事故を起こさないものではない。
運転手が万全の状態にも関わらず事故が起きたというのならば道路や視界状況が
悪いことが要因として挙げられるだろうが、この場合はその限りじゃない。

被害者や遺族が悲しんでる姿を囲い込んでカメラを向けるくらいなら
加害者が醜く情けなく見っとも無く手錠をかけられて連れて行かれる様に容赦なくカメラを突きつけ
その姿を全国に流してはどうか。犯罪を起こしたらこうなる、こうはなりたくないだろうと
見ている人間に自覚と注意を促し予備軍に対して警告する。
報道機関が犯罪に対してできる抑止力というのは本来そういうものではないか。

| ひとりごと | COM(0) | TB(2) |















管理者にだけ表示を許可する