123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-05-26 (Sat)
第六話 埋火の恋

今朝もいつも通りの羽鳥家。
学校は東京BMの話題で持ちきり。弥紀ちゃん!東京BMの正体に気付いてねぇ!?
噂をすればなんとやら、嘉門が生徒会の包囲を潜り抜けて教室に出現。
ここの生徒会も生徒会だが、それを突破してくる嘉門もすごいな。
「なぜなら、この私は英雄だからだ!!」
ところで何の用かと問えば、ランチに誘いに来たのだそう。いちいち行動が熱い!
そんなわけでいつものカレー屋に行くと、いちるがカルさんと意気投合してた!
情報収集は向かなさそうだなぁ、いちる。

午後
嘉門の言うとおりに八汎学院に来たものの、肝心の嘉門が迎えに来ないので立ち往生。
困ったところに現れた可憐な美少女・・・美?少女?

お前はただのグレーゾーンだああああ!!!!!

風紀委員がなにかしら間違ってるだろう!今回のすどりん枠か!
すどりんよりも可愛い気はするのだが。
やってきた嘉門と共に茶室で待っている呼び出し相手の下へ。
幸徳寺 要、いきなり主人公を正当でない執行者と呼んでくる。
ひいいい、ネチネチと嫌味や当てつけが飛んでくる!これだから京女は!!
何かと思えば本来、執行者になるべき血筋の者ので、今回のイレギュラーで
主人公が執行者になったことを腹に据えかねてるらしい。

夕方
白がいよいよ朝子にデレてきました。
先生がお風呂を沸かし損ねたため、皆で銭湯に向かいます。
なぜことごとく知り合いが皆銭湯に向かうのだろう。
番頭が・・・そうか、お前の仕業か(笑)
なんと義王とミギーもいたよ。お前ら無料という言葉につられて来るタイプじゃないだろう!
また義王が真剣勝負とかおかしいことを言い出したぞー!
まったく何を言ってるんだよりにもよって女湯を覗くだなんてそんな話

絢人 「その話、乗った」

お前はひとりだけ目的が違うだろうがーーーー!!
輪からレモン石鹸濃縮液の洗礼を受けました。まあそうだろうと思ったさ。
その間、皆の荷物を漁って光札を奪った蒲生。逃げたミカみゅんの居場所を
嘉門が示してくれました。くっ、格好いいなヒーロー!

冬の洞 一層目
如意渡りの間で、台座を岩の前に動かしてから目標変更で杖を使うことに
しばらく気付かずにうろうろギミックのカギになるものを探してたよ!
ボス前セーブポイントまで行ったので、梅の屑・壱が手に入ったことだし
春の洞4層目に足を踏み入れたら、思ったよりも長丁場でさ!しかも即死系
トラップもけっこう多くて、気が抜けないの何の。ザコの強さは大したこと無いし
九龍やってたおかげでトラップの想像もついていてよかった。

ボス戦 蒲生道佳
弱点を狙ってもHPが高いので1ターン撃破は無理だった。
しかし本当に札ノックバックでどうにでもできるから苦労しないな。

目覚めかけた光札を「まだ早い」と抑える雉明。突然出てきたと思ったら
「今は退いて欲しい」と言い、主人公の身を案じて消える。
またこっそり隙を突いて札を奪った鬼印。強者とか言いながらセコイ。
しかし義王が所持していた光札の分だけを取り返しただけで引き下がっていった。

要、ミカみゅんと電話番号を交換。ははは、この要、愛いやつめ!

| 東京鬼祓師 鴉之杜学園奇譚 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する