=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

東京鬼祓師 鴉之杜学園奇譚 プレイ日記・10

第九話 黒南風の御先

筑紫と決着をつけたその夜、義王と一対一での果し合いに応じる。
要するに河原で殴りあうイベントです。弱点は変わらず。
なんだその鉄血宰相のような父親は。

む、今回はクリスマスイベント起こすの難しい。ほとんど発生しなかった。
まともの成功したのがいちる、要、ミカみゅん、まさかのカルさん。

紅緒に攫われた朝子を助けるため、夏の洞第二層へ。

ボス戦 芒ニ月 二式
壱式と同じで攻撃してこないんですが、上層に行かないとターン終了後に
押しつぶされて強制ゲームオーバー。 上層のスライムは全部倒す必要は無くて
敵ターン終了後に消えては復活するので攻撃範囲に入りそうな奴だけ排除。

紅緒が言うには、朝子こそが本来の執行者になるべき人物だったらしく
清さんと白も知ってて隠していた。あれ?清さんはともかく白が主人公を選んだのは
勘違いでなく意図的なものだったの?それにしては不自然で。
さらに紅緒は主人公がこの場で死ねば朝子を救うことが出来ると宣告。
いやいや、次の執行者が朝子になったら、どっちにしろ命を賭して札を封印するのだから
同じではないのか。その二択は二択の体を成してない!

二戦目 vs紅緒
狭い通路でHPの高いザコに囲まれるわ、紅緒ちゃんの攻撃射程もなかなかあるので
札ノックバックが必須になる戦い。弱点は肩の月船。

兄(白ラン?)のためにと食い下がる紅緒を雉明が止める。
雉明の示すもうひとつの手段、光札の力を取り込んだ自分に主人公の札の力をぶつけて
対消滅させるというもの。主人公がその方法を否定すると、望む望まないにかかわらず
死なせはしないと札を巡っての戦いに。

三戦目 vs雉明
さすがに三連戦はきついのだけど、ミギーのインブシブルのおかげで弱点はスケスケだぜ!!
てっきりグローブか、手に持ってる札かと思ったら胸ですかい。
一対一でザコがいないので紅緒戦より楽かな。

花札封印では龍脈から吸い上げた力を大地に還元することができず、二年後に日本は滅ぶ。
消滅させるなら多少なりとも力を還せる。花札を護るために未来を犠牲にするか
未来の可能性を護るために花札を消滅させるかの選択。
なんかいい事なさそうだけど、封印を選んでみた。
白の台詞からすると、札を全部集めたら展開が変わったんだろうか??あと3つ4つ足りない。
うわああああ!ED後のエピローグが後味悪くて救えない!!

ちょっとロードしなおして雉明に札を渡すほうを選んでみた。
すると雉明戦がvs五光の獣戦に変わった。 位置が固定されてるので札ノックバックは
使えないけど、飛行中の敵に射撃ダメージ倍増の札を使ってあっさり勝利。
・・・こっちはこっちで先行き不安なEDなんですけど!?
宇宙の波動云々はもう手に負えるレベルではない気がするな。

攻略wiki見たら、条件を満たせは十話に入れるらしい。また条件がはっきり明示されてない
2周目だとハードルが下がるらしいので、とりあえずクリアデータで2周目やってます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事