123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-06-10 (Sun)
最終話 札袖の大団円

いつもと変わらず寝坊した朝子で慌ただしい羽鳥家。
やだ!要からのメールがちゃんと漢字変換できてる上に顔文字が添付されてる!
なにこのカナめんかわいい!

学校では卒業式でないただの終業式なのになんだこの空気。
そして終業式直前に紅緒ちゃんから決闘を申し込まれた。あなたはもうちょっと気を利かせて!
学校行ってないのね、制服着てるのに。

vs隠人 紅緒
弱点は背中。射程距離が長いのは前回のことでわかってるので
今回は慎重に札を二枚使ってノックバック(やることは同じ)
野球帽に「萩に猪」をつけて攻撃力3割増しの信玄兜が便利。

とうとうアカシックレコードとか言い出したよ!話大きくなりすぎだろう!
それにしても紅緒ちゃんのメールがもう改まりすぎて恐縮するレベル。

最終決戦に備えて英気を養い、それぞれ思い思いの時間を過ごす。
ちょっと!清さん学生になに持たせてんですか!思いっきり銃刀法違反ですよ!
富樫さんが黙ってないよ!まあ主人公もいろんな危なっかしい物持ち歩いてんですけどね!
クリスマスイベント見まくったせいで駅ビルの巴、要、輪の三人の相関図が修羅場だー!?

龍珠堂
ほぼ一本道なので特に迷うことも大きな仕掛けも無く。最深部にちょっとだけ
手順に手間のかかる部分があるだけ。もう入れる必要ないじゃない。
こら!いくら途中にセーブポイントがあったとはいえ、何の変哲もない扉を開いたら
イベント発動して引き返せなくなるのやめて!今までボス戦前はちゃんと
回復できるセーブポイントあったじゃない!なんでラスダンだけ法則崩すんだ!
仲間が全員集まって道を切り開く熱いイベントなのにやり直したよ!

万黎さんが何か小難しいことを言ってるが、要するに人類の営みがどん詰まりにきてるから
生き延びるにはヒトの形を捨てた別の進化が必要っていう人類補完計画なんでしょ!

vs楼 万黎
ミギーのインビジブルがとっても役に立つ。目だ!目を狙え!
紅葉の屑・壱を使ったノックバックであっさり封札。

二戦目 ???
弱点は頭 宙に浮いてるので「紅葉に鹿」を使うべし
HPを半分削ったらイベント。

vs三乗の王
札が全部取られたので、強化した装備品も元通り!こいつぁヘヴィだね!
周囲の取り巻きは攻撃してこないみたいですが、王の攻撃一発で600あったHPが
一気に削られてゲームオーバーだったよ! 2回目は距離をとってみたものの
範囲から逃れられずにまたゲームオーバー。ええい、AP回復アイテムをしこたま持っていくか。
何を勘違いしたのかたこやき飴がAP回復だと思いこんでどっさり持ち込んでしまった。
念のため持っていた野菜天のおかげで難を逃れました。
そういえば2回目3回目はザコが登場しなかった。何で?
結界を破壊するとイベント。おおう、なんだかガンパレみたいだ。
全ての札の力でAP999!攻撃力大増加!形見の指輪と白札が合体して天照光に!
攻撃力800で神補正300%とか見ただけでワクワクする設定。
しかも攻撃に必要なAPがゼロ!リロードに150使うけど、なあに「桐の屑・二」を
使えばリロードコストも必要ない、ずっと封札師のターン!!
流れるキリフダアレンジで燃えるぜ、こいつぁ負けられない戦いだ!
負けられないどころか「紅葉に鹿」と信玄兜装備したら超余裕すぎて肩透かしレベル!


花札に取り込まれた情報を主人公と零で相殺しつつ、流れた龍脈の力を
白が仲間たちを通じて洞に流して還す、って9話の消滅EDとやってることは
似たようなもののような気がする。
EDで流れる曲が誘いの歌ではなくキリフダとは意表を突かれた。
エピローグはもうちょっと長くてもいいんじゃないかなー。ちょっと物足りない。
そもそも白が清さんと組んでた理由も説明されてない!想像はつくけれど。

本編は終了したのであとはちょこちょこエクストラダンジョンやりながら
感想を書いておこう。

| 東京鬼祓師 鴉之杜学園奇譚 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する