=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 感想

早起きして、万全の準備を整えつつ初回上映に向かったのに、いきなり出鼻を挫かれた!

まどか劇場物販リスト
オルゴール…だと?
事前の物販リストには何も載ってなかったよ!?どういうことだオイ!!
なんとなく今日、早めに出て行ったほうが良いような気がして
予定より30分早く電車に乗って7時過ぎに会場についたのですが
「オルゴールは全部売り切れました」のアナウンスに下の階まで続く買い物カウンターの列。
7時開場のはずなのにどんだけ並んでたんだ!

物販で欲しいものといったらパンフレットとイヤホンジャックくらいだったので
列には並ばず上映まで待ちました。
(店員が初回の上映開始に間に合わない可能性があると言っていたので)

madoka quartet色紙
だが、この色紙を貰えたので私は満足だ!!
複製印刷のはずなのに手書きみたいに精巧で、最近の技術って凄いんだなぁ。
てんてー絵可愛いよ!
右下はパンフレット。右のちっちゃいピンクのカードはフィルムコマ引換券。
これを持って後半に行くとフィルムととっかえてくれます。でもこのカード自体が
ちょっといい出来なので交換したくない!


映画の感想は続き↓に(ネタバレ含む)。


開始時、各予告編の終わりからいきなり本編が始まったのでちょっとびっくり。

冒頭のまどかの夢(ほむらvsワルプルギスの夜)がカットされていたのが少々残念。
流れるmagiaのあのインパクトが絶大だったのだけれど。
ただ、後編のvsワルプルは新規カット大量追加という噂もあるので
そのためにあえて伏せておいたのだろうか。

劇場用OPの「ルミナス」、初見よりもやはりTV版を見た人向けに作ってあるようなイメージ。
まどかがいかに両親から愛され、慈しまれて育てられてきたかを描いていたり
TV版の結末を知っていたらこんなの涙腺緩んじゃうよ!
何度も見ている「コネクト」ver.のほうが印象に残るのは仕方ないとして
もう何度か見ておきたくなる。

TV版もBD版も一挙放送もくり返し見ていたため、ストーリー面での驚きはさすがに無いものの
劇場スクリーンの大きさと音響設備のおかげでかなりの迫力。
早乙女先生の迫力がやたら上がってて、そこに力入れるんかい!
そして次々挿入される新規カットや演出でテンションも上がる上がる。
背景は結構な度合いで随所に描きこみが増えていました。
おそらくスクリーンサイズになって空間が寂しくならないようにとか。
鹿目家の家庭菜園がもう農家レベルになってるぞ!
学校の屋上がモンサンミッシェルみたいになってるし
上條くんの病室ももはやどこのホテルだよっていうぐらい豪華だし
マミさんの部屋もぎっしり家具や私物であふれていた。

戦闘シーンでは魔女結界、魔女戦と新規楽曲で、その他にも場面転換するたびに
新規曲が使われてるんじゃないかっていうぐらいの多さ。
さすが新曲40曲は伊達じゃないな! 梶浦由記は化物か!?

新曲・新演出といえばマミさんの戦闘シーンはものすごい手が加えられており
1、3回目の変身シーンはそれぞれ描き直し。優遇されてます。
光のエフェクトからポンッって衣装が出現するのではなく、何か外部から装・着!という
魔法少女よりも特撮ヒーローみたいになっていた。すげぇ格好いい。ぶわわっと花びらが舞い散るし。
vsゲルトルート戦(薔薇園の魔女)ではmagiaはボーカル無しの変則曲調アレンジ。
vsシャルロッテ戦(お菓子の魔女)の前ではなんとCredens Justitiamの
日本語ボーカルver.で驚いた。しかも歌声が水橋さんだと間違えるくらいミズハスだった。
EDクレジットではどうもkalafinaのようなのですが。
波止場ポーズはBD版の直立姿勢をやや斜め向きにし、マスケット銃を持っている。
両手砲撃も銃砲に細かい意匠付きで凝っていた。

でもマミさんがやられるシーンでもジェム破壊描写や咀嚼音とか追加されてたりー。
個人的に良かったのは、マミさん退場後の「魔法少女って、そういうものよ」
と言ってるほむらの目が潤んでいたこと。本当は助けてあげたかったと言外に出てて。

さやか変身や杏子変身シーンも色々直されてました。
初回変身時にオクタヴィアのテーマアレンジが一瞬、流れてたような。
杏子の変身は目立った追加が側転くらいで、杏子ファンにはちょっと寂しいかも。

さやかvs杏子はTV版より尺が長くなってたかな?攻撃パターンも変化してて
スピード感が増し、より緊迫した空気と音響の迫力によって
かなり見ごたえのある戦闘となり、ほんの一瞬だけどさやかが杏子と拮抗する場面も。
あと杏子が登場するたびに食べてるものの種類が豊富になってた(笑)

前編の最後は大方の予想通りさやか魔女化。そこからのmagiaで震えが来る。
歴代の魔法少女たちのシルエットが追加。
2時間の上映でしたが、このまま後編を続けて見ていいぐらいあっという間でした。
後編の先売り券を引き換えるついでにもう一度見ておこうかな。
ここで前売り券が役に立つ!


前編はTV版8話までを2時間にまとめるため、あれやこれやの場面を可能な限り
ギリギリ削っているので、どうしても不足するところがあるのですが
元々切る部分がほとんど存在しない作品なのでもうしょうがないなと。しかしマミさんが
さやかの願いに「感謝して欲しいの?それともそれ以上のこと?」と厳しく諭すシーンは欲しかった。
後のさやかの行動に重ねられる部分だったのだが。
台詞の間も詰めてて、全体的に急いでるような感じがありました。

その中で何故残されていたのか不思議なところがひとつ。
まどかが机のPCで勉強をしているシーンの
「えっさ、ほいさ」
「フィドルと猫」
「牛」
の単語が訳された画面のシーン。
これは後編への重大な伏線の可能性が!?


余談。
これはひどい(笑)
3
帰りにナムコに寄って、まどマギコラボうまい棒を手に入れようとしたけど
500円使っても取れる気配しないから諦めた!
500円あったら何本買えるんだよ!あのでかい袋に何本入ってるのか知らないけど。

こうやって記事を書いていたら、諦めたイヤホンジャックを買っとけばよかったかなと
少々後悔していたり。1個800円だから結構高いんですよね。
映画にあわせてローソンフェアとか一番くじとかプライズとか、畳み掛けるように出すから
どこか節制しておかないと懐が寒々しいのなんの。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事