123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-11-03 (Sat)
観にいくかどうか迷ってたんですけどね、もののついでと言うかどうせなら見ておこうと思って。
ネタバレ含む感想は続きに。

(11/4 ちょっと追記)


どうせ作者の事だから、別作品だけどどこかでFSSと繋がりがある後付けにでもするんでしょ!
なんて思ってたら後付けどころか思いっきりFSS世界でのお話でした。
(OPでソープ&ラキシス&KOGが今の綺麗な映像で見れたのは嬉しい。またKOG変化してるけど)
もっと詳しく言うとフィルモア帝国建国物語だった!
そりゃ主人公がダイ・グ殿下そっくりですよ!堂々と「ハイランダー」とか「ヘッドライナー」とか言うよ!
魔術師が一瞬だけ描く魔法陣にハスハの紋章が浮かび上がったり、言葉が違えど騎士や魔導士の設定だし
魔導大戦で大活躍の「カリギュラの手」まで出てくるし、詩女はアトールの巫女だし
「破烈の人形」は飛行変形しちゃうしクラウドスカッツみたいなエルガイムMkⅡ見たいなの出るし
焔の女皇帝やサンダードラゴンまでちらっと出てくるわでFSS好きならば大興奮なのですが

いかんせん時間が短くてさぁ。

だいたい70分くらいかな、なので序盤からコツコツ盛り上げて、さあGTM起動だ!立ち上がれカイゼリン!
雑魚は蹴散らした、親玉出てこいや!!…ってところで終了です。
いやいやいや、ここからが本番じゃないの!?と思ったらトリハロン殿下のその後がテロップで表示。
まあ、FSS本誌ならこういう終わり方はよくあるし、想像が膨らんで楽しいのですが映画では肩透かし。
戦闘シーンも、「わ、ワシのデヴォンシャが片手で!」レベルであっという間に終わってしまって
(当代最高騎士vs名前も無い手合いなので、圧倒的実力で蹂躙する描写だから仕方ないけど)
もっとガッシャガッシャ永野メカが動いてるのが見たいんですよ!
メカやGTM起動音は格好よかったけど!
(音にはこだわってるらしく、EDでもエンジン音響収録に協力した会社の名が)

正直、映画としてはこれで1800円は出せないぐらいですが、ファーストデーやレディースデーで
1000円なら(FSSの予備知識ありが前提で)まあいいんじゃないでしょうか。
だって、これ映画でやるよりそのままコミックスに収録してるほうが早いだろって内容ですし。

劇中で、詩女であるベリンが撒く花の種についてトリハロンと話すシーンで
FSS本編の『あなたたち二人の花壇に花が咲くことは絶対にありません』という
剣聖 慧茄の言葉を思い出していたら、その後それを意識した台詞が出てきたので
もうニヤニヤが止まらなかった。この台詞大好きなんです。作者のこういう台詞回しはとてもいい。
人物の表情や言葉使いも、まんまFSSがアニメになったようでファンとしては面白い。
なんだかんだでベリンとトリハロンの距離が近づいていく過程は典型的なラブコメである。
じっくり会話の積み重ねで距離が縮まっていく描写が丁寧。丁寧すぎてストーリーの尺が(汗)
永野作品のキャラのいいところはね、感情がちゃんと喜怒哀楽で変化して「見える」とこなんですよ。
ベリンに関しても、おしとやかで清廉とした外見だが相手の発言で頭にきて皮肉嫌味をとばし
胸のすく思いを感じる歳相応の行動があったりと(このあたりでコロコロと変わる表情はかわいい)
キャラの心情の造形ができてるのはすごく魅力的。


余談
ラストシーンに出てきたあの4人が誰を指すのかでまた話がこんがらがりそうになった。
皇帝衣着てる彼はダイ・グ陛下なんだろうか?でも彼は金髪設定のはずなのに黒髪だし
でも傍らにいるのはどう考えてもクリスティンにしか見えないし。
クリスティンのファティマはカイゼリンのような衣装を纏ってるけど、おそらく町のはず。
ところが皇帝のファティマはチャンダナじゃなくて何故かエストなんですよ!どういうこと!?
あのシーンはダイ・グとクリスでないと意味が無いシーンだから恐らくそうなんだろうけど
エストが出てくるからややこしい。単に作者が趣味で入れた可能性が大きいような。
作者エスト大好きだからな!

あと、佐々木望の声を久し振りに聴いた。トリハロンの声がそうならダイ・グも同じと考えていいのだろうか
私としては殿下は神谷浩史あたりを連想していたのですが。

| アニメ関係 | COM(2) | TB(1) |















管理者にだけ表示を許可する

まとめ【‐花の詩女‐ ゴティ】
観にいくかどうか迷ってたんですけどね、もののついでと言うかどうせなら見ておこうと思って。ネタバレ含 …
2012/11/15 00:38  まっとめBLOG速報