=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

炬燵と南瓜と柚子風呂と

はーい、毎年恒例 冬至にはかぼちゃの煮物を食べる私です。
すでの柚子湯の準備も万端だ!
この時期の北海道のかぼちゃはとても甘いので、味付けに砂糖も必要なくそのまま出汁で煮込むだけ。
少々煮崩れて溶け出しても、お出汁ごとご飯にかけるのもまた良し。
栄養素がもったいないからねー。

・耳
喉の調子が良くなったと思ったら、今度は耳の調子が悪くなり耳鼻科へ。
先々週に通院したときの外耳炎はもうすっかり治ってるらしいのですが
どうにも鼓膜のあたりがたまにズキズキ痛むのと、ガサガサ動く感じが続いてるので
もう一度受診したら、「外耳と鼓膜に異常は見当たらないけど、喉の炎症があるので
それがきっかけで耳にきているかも」との診断。耳も鼻も喉もつながってるから
互いに影響はあるんでしょうけれど、それにしても結局喉に戻ってきてしまった。

ちなみに聴力検査をしたら、むしろ平均よりも抜群に音が聞こえていて驚かれた。


・ヒーローマンガ2選
「テラフォーマーズ」
火星への入植を目指し、地球と同じ環境へ作り変えるためのテラフォーミング計画の一環として
ゴキブリを使っての環境形成試験を行ってから数百年。かくして緑豊かとなった火星の
用済みとなった害虫駆除に降り立つ人類。ところが火星という苛酷な環境で過ごしてきた
ゴキブリは予想もしない進化を遂げていた。

とまあ、人類vsゴキという、こう書くとスケール小さくなっちゃうんですけどね。
このゴキさんたち、思いっきり人類と同じ姿しております。おおよそクロマニョン人が黒光りした感じ。
で、とんでもなく強い。よくサイエンス番組で「人と同じサイズになった動物や昆虫の身体能力」
を計算してたりイメージ映像を流したりしてますが、ああいう感じで飛びぬけた能力を以って
人類を圧倒しまくる。しかし人類もそれに対抗するため、地球に存在する昆虫の遺伝子を組み込み
害虫を駆逐するための力を持つ兵士たちを育成。ハイブリッドインセクター!
仮面ライダーよろしく様々な昆虫の力と同化した主人公達が縦横無尽に…!と簡単にはいかない!
火星に入った部隊の数が限られているから、巻数が進むたびに数が減ってもう劣勢になるしかないような
しかもあのゴキたち、明らかに知能を持ってて人類の武器を解析してたりで
これどうやって話を終わらせるのか不安だけど面白い。


「ULTRAMAN」
鉄のラインバレルの作者が描く、ウルトラマン新章。
かつて幾多の怪獣と死闘を演じた「光の巨人」ウルトラマンはすでに地球を離れ
その身に光の巨人を宿していたハヤタ隊員はその間の記憶を失っていたが
ウルトラマンが去ったあとも超人的な身体能力を保有し
その力は息子である進次郎にも受け継がれた。
人間離れした力を隠し続け生きてきた進次郎はある日、謎の生物に襲い掛かられ
その危機を救うも負傷した父の代わりに光の巨人の力を科学的に模したウルトラスーツを纏い
戦いに身を投じる。

よかったね!ライダーのほうはポシャったけどこっちは連載できたよ!
とはいえ「光の巨人」であるところのウルトラマンは登場しないし、巨大怪獣が出てくる
わけでもないので、特撮としてのウルトラマンが好きな方には肩透かしかもしれない。
個人的にはこの「ウルトラマンに頼らず自分たちの力で!」という科学特捜隊の矜持を感じる
ウルトラスーツは好みなんですが(でも結局ウルトラマン因子を持つ主人公に頼ってるけど)
仮面ライダーシリーズのノリでウルトラマンを作ったと思えばいいかもしれませんね。
台詞がいちいち格好いいわー。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事