=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

みとせのりこソロライヴツアー 進撃のみとせ 大阪地区攻防戦 感想

起きたら仕事なので寝ようと思ったのですが、眠気がやってこないため
興奮冷めやらぬうちに感想を書いてしまえ!

というわけで人生初のライヴでもあり、大好きな歌手であるみとせのりこさんの
ライヴツアー大阪公演へ参加してきました。

色々な意味で「思ってたのと違う!」って印象ですね(笑)
感想は記事の続きへ。


せっかく整理番号5番をとったにも関わらず、最前列ではなく3列目くらいの位置に
座ってしまったチキンな私!なんとでも言いなさいよ!
でも最前列は首が疲れそうだったので、3列目は丁度いい位置だったと思います。
どっちにしろかなり近くで見られるしね!

みとせライヴしおり
入場時にもらえるライヴのパンフレットなどなど。
ちょこんと描かれた立体軌道装置もどきな絵がかわいい。
おひとりさま兵団属性カードという、端的に言うと他のライヴ参加者の方々へ
「この話題には乗っかれるから遠慮なく声かけてね!」という意思表示カードです。
しかしこのカードを使う機会がないというか、思ったより隣近所との距離が近くて
無くても別にどうにでもなったりするのであった。


ドリンクのオーダーで、次の日も仕事ということを考えてジュースかウーロン茶に
しようと思ったのですが、この日みとせライヴ限定の「肝臓を捧げよ!」カクテルに目が行き
ついつい頼んでしまいました。せっかくだからね!
カクテルの中身は会場によって違うらしいのですが、この日はカシスをリアルゴールドで割ったよう。
強めの度数じゃなくて良かったよ。

とはいえ酒に弱い私のこと。ほろ酔い加減でいたわけですが
1曲目からSchwartz Nachtという、私の一番好きな曲が流れ、酔いも吹き飛ぶ。
この日のみとせさんの衣装は白地に赤い太陽のようなマークが入ったドレス。
ギターの太田さんは「牛乳プリン」と評してましたが、私はなんとなく「太陽の塔」のように見えた(笑)

そう、口からCD音源という評すら失礼になるくらいの、とても綺麗で繊細で
しかしパワフルな歌声や、バンドの超絶技巧演奏もとにかく素晴らしかったのですが
このライヴにて一番衝撃的だったのがMCの面白さ。
なんなのあの人たちの引き出し!喋るたびに笑いが巻き起こるじゃないか!
壺井さんのちょっとズレた受け答えに、太田さんの天然じみた発言に、
黒歴史を暴露される佐藤さんに、自己紹介中に壺井さんにちょっかいだされるDaniさんに
六甲おろしの無茶振りをかまされる諏訪さんと、終始笑いが絶えませんでした。
「デキる作曲家は一小節が短い」 ですよね壺井さん!
ソロパートの掛け合いも楽しかった。

しかしこの日のMVPは間違いなく佐藤さんであった。
頭ピアニカとか卑怯すぎるわー!

横道にそれるCMが楽しくて面白くて、結果3時間を越える長丁場に。
それでも時間があっという間でした。
サインをもらう時に本人にも伝えましたが、「進撃のみとせ」というより
「新喜劇みとせ」って感じでした。ええ。

第二部になると「だいたいみんなここから壊れていく」という宣言どおり
変拍子アレンジされた曲をバンドメンバーがぴょんぴょん跳ねながら演奏しだすわ
ソロパートの煽りあいが過熱するわ(ここでも佐藤さんの目立ちっぷりときたら)
みとせさんの身振り手振りも多くなってきて可愛かった。
ライヴアレンジver.でものすごく激しい曲に変化した「鬼さんこちら」を
まるまる一曲手拍子してても手が痛くない、不思議!
このあたりの展開はライヴ常連組がうまくリードしてくれて、初参加の我々も
すんなりと展開の変化についていけました。

EXEC_RIG=VEDA/.の肝となる「捧げや 捧げや~♪」コーラス部分や
EXEC_PHANTASMAGORIA/.のコーラス部を会場の観客全員で歌ったり
(写真の歌詞カードはその際に配られたもの)
そのときの会場の一体感ときたらもう大陸形成できるくらい。
こういう舞台と会場のセッションっていいよね。

アンコールは「キツネツキ」 花魁ロックこと「異界の底に棲むモノは」
「Radical Dreamers~盗めない宝石~」の3曲
ライヴで聴きたかったRadecal Dreamersをやってくれて本当に嬉しい。
贅沢を言えばSTIGMATAが生で聴きたかった!

1曲1曲の感想を挙げていたらキリがなくなるので割愛。
ライヴアレンジのそれぞれの曲を聴きたかったりするから、ライヴ盤もしくはDVD出して欲しいな。
特にティル・ナ・ノグ、鬼さんこちら、異界の底に棲むモノはの3曲は
ものすごくアグレッシブなアレンジでめちゃめちゃカッコイイ。

サイン色紙
公演後、みとせさんからサインを頂きました。
色紙は青色のやつです。ちゃんと名前(HN)も書いてくれたうわーい!
とても気さくな方でね、握手までしてもらっちゃった。
ここまで楽しいライヴになるとは想像もしてなかったし、集客も良かったので
是非また大阪に来てほしいな。本当に楽しい時間だった。


22時半過ぎに公演が終わってサインを書いてもらったのが23時過ぎ。
終電まで余裕だと思ったら地下鉄が停電で止まって復旧作業中。
慌ててタクシーを捕まえて乗り換え先の駅まで行き、ギリギリ終電に間に合いました。
危ない危ない、ちょっとライブの余韻が吹き飛びそうになった。

花魁ロックT
物販で売っていた、今回のツアー特製ライヴTシャッツ
表には雪のシンボルとヤタガラスを組み合わせたもの。

花魁ロックT
裏には蝶と簪モチーフのマーク。
どちらも大正・明治ロマネスクを意識したアルバム「ヨルガ」の世界感を表しています。
色はパープルで私好みである。

Comment

 

お疲れ様でした~!!
縁永さんがとても楽しみにしてらっしゃって、また包みの仕方などの序章もあり、これは…!と自分も自分のように楽しみにしておりました。
申し訳ないことにあまり詳しくはないのですが、それでもやはり楽しんでいる様子というのは、読んでいて自分も楽しいです。

パンフレットまで凝ってますね~!!
秋にぴったりなクリーム色で、意思表示カードまであるとは。ここまで凝っていると嬉しいものですね!

口からCD音源ですら失礼になるくらいというのは素晴らしいですね~!!
失礼な表現ですが、ライブになると「…ん?」というような歌手の方も多いですが、逆にCDより生の方が良い、CDが勿体無い!と感じる方も多いですよね。
そういう方のライブに出会えると興奮致します!!

MCが相当面白かったようで、3時間もあっという間というのは素晴らしい時間でしたね!!
サインやご本人ともお話出来るだなんてまさに夢のようで。名前入りサインはまさしく宝物ではないですか!!
Tシャツのデザインもとても素敵で、これはよい!!とこれまた大興奮でした。

ライブ参戦お疲れ様でした!またレポ等楽しみにしております。
  • posted by マリー 
  • URL 
  • 2013.10/13 03:23分 
  • [Edit]

 

マリーさん、おはようございます。
もう楽しみにしていた以上の内容で、本当に無理してでも行って良かったと思います。あんなに心から楽しめた時間は久し振りです。

デビュー当時とは発声が少々変わっているのですが、だからこそ今の熟練した今の歌い方で聞ける曲の素晴らしいこと。特に多重録音を使用している曲なのに、それをライヴでは一人で歌いこなしているのには驚きました。やはりライヴ盤やDVDが欲しくなります。

MCももう、バンドメンバーのサービス精神旺盛なこと。喋れば喋るほど会場から笑いと拍手が沸き起こりました。そのために時間がのびてのびて終電ギリギリになりましたが(笑)今度は昼間からやってもらってもいいですね。ちなみに終電の時間が近い人には優先でサインを書いてもらえたりします。

最後までどの色紙、CDに書いてもらおうか迷っていたのですが、最終的にご本人のカラーである青色にしました。書いてもらったサイン色紙は額縁を作って飾っておくことにします。さあどんな額縁にしようか!
  • posted by 縁永(ゆかりな) 
  • URL 
  • 2013.10/14 06:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事