123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-04-17 (Thu)
すでに去年の段階で作っていたのですが、記事にしてなかったのを今になって気付く。
以下、ざっくりとした工程。

まど額1
額縁用の意匠をつけた木枠というのがあって、それを4つ切り出して四角に組み立てます。
木枠にはすでに下地となるラッカー塗料を施してあり、一日乾燥。
これがないと次の工程ができません。

まど額2
組み立てた額に金箔を貼り、屑を取り払って
一日置いてから再び透明なコーティング塗料で固着させます。
段差が少なければ金箔を貼るのもそう難しくありません。
少々しくじっても伸ばしてやれば綺麗に仕上がります。

まど額3
さらに一日後
金箔の上から塗料で色を載せます。
色はまどかイメージのピンクピンク。
塗料の上から金箔を貼って、その金箔を少し削って色を出す方法もありますが
今回は前者で。

まど額4
せっかく貼った金箔が見えるよう、筆の線が残るように適当に走らせていきます。
綺麗に貼った金箔に色をつけるのも勿体無いような気がしないでもない。

まど額5
完成形。

まど額6
中にポスターを当てはめて、このとおり。
雑誌についてきたやつなので4つ折の折り目ができてますが。
しかもまだ半分に畳んでいる。だってこれ以上額縁が大きくなると色々困るので。


さや額1
もうひとつ。
こちらは銀箔で透明系の青塗料を塗りました。

さや額2
凹凸は下地の段階でパテを盛りつけることで起伏をつけています。
筆で荒々しく青を塗ってやることにより川の流れをイメージ。

さや額3
こうなりました。
これは写真に持ってる画像を当てはめただけですが、最初からこうすればよかったね。

| ひとりごと | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する