123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-05-04 (Sun)
昨日、神戸に行ったばかりなのに今日は奈良へと来ています。
大丈夫だ、筋肉痛はない!
だってだって明日明後日は雨が降るしその前に別の予定も入っているし
雨が降ったら花が散るじゃない!

鹿
鹿リベンジ!
…といきたいところですが、これだけ観光客が多いと
片っ端から鹿せんべいをもらっているせいか奴ら妙に大人しくなってやがります。
2ヶ月前のあの獰猛な獣の本性はどうした!

春日大社
今回は鹿目当てじゃなくて、春日大社神苑 萬葉植物園にある藤園。
近畿で藤の花の有名な場所って無いなーと思っていたのですが、案外近いところにありました。
岡山あたりまで行かなきゃいけないと思ってましたよ。

春日神社参道
今日の奈良の気温は26℃越え。木陰が涼しい。

梅の実
梅の実がなってた。
香りはしませんでしたけど。もうちょっと大きくならないといけなかったっけ。
梅酒が飲みたくなってきたよ。


朗誦
水辺の舞台でテノール歌手による古事記の朗誦。

藤園入り口
藤園に着きました。
自分のブログを藤源郷と名づけておきながらこういった庭園を訪れるのは初めてという。

白野田藤
白野田藤

黒龍藤
黒龍藤
邪眼の力を開放しそうな。

八重黒龍
八重黒龍
藤にも八重咲きってあるんだなあ。綺麗。

九尺
九尺
それぐらい長く伸びるってことなのか。

藤棚1
これです、これ。
これが撮れただけでも来てよかった。

藤棚2

藤棚3
八重黒龍の藤棚

藤棚4
くまんばちいっぱい飛んでました。
彼らはミツバチ並みにおとなしいので好きですよ。

麝香藤
麝香藤
いい香りがする…のだろうなとは思うのですが、鼻が利かない。

口紅藤
口紅藤

本紅藤
本紅藤

IMG_0179.jpg

足摺り藤
春日大社本殿から枝分けされた“砂ずり藤”
樹齢700~800年とも言われ、毎年花期になると1m以上も花房が伸びて
地面にこすれるほどにもなるから砂ずりと呼ばれるそうです。
残念ながら私が行ったときはまだそんなに長くなかったですが
春日大社にある砂ずり藤は毎年一番伸びた房の長さを記録しているらしい。

白甲比丹
白甲比丹
これはなんて読むんだろう、「はっこうひたん」かなと思ったら
「しろカピタン」というらしいです。カピタンってなんだよ可愛い!

昭和紅
昭和紅
他の藤よりひときわ赤みが強い。

緋ちりめん
緋ちりめん

IMG_0191_201405042305196d0.jpg

本紅
本紅

IMG_0192_201405042312270ee.jpg
遅咲き早咲きと微妙に時期の違う品種が混在してるので
まだもう少し花は楽しめそう。とはいえ今週いっぱいぐらいですかね。
少々無理をしてでも今日訪れた甲斐がありました。

IMG_0198.jpg
植物園を抜けて春日大社へ

IMG_0203_2014050423122674a.jpg
来たのはいいのですけどね。本殿の拝観までは行かなかったので
入り口周辺をちょこちょこ撮影したら後はお参りして帰ってきました。
そろそろ2日間の疲れが出てきた模様。
植物園で満足したというのもある。

IMG_0197.jpg

ガーゼハンカチ
植物園でお土産に購入したハンカチ。
これでも四つ折状態なので広げるとスカーフ並みにでかい。
| 花にかこまれる生活 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する