2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
お主もなかなかのワルよのぅ
2014/05/06(Tue)
端午の節句ということで甥っ子のいる兄夫婦の家へ。
かねてからやってみたかったネタをひっさげて行きました。
それがこれだ!


山吹色のお菓子
「お代官様、これは地元の名物の『もなか』でございます」

「ほほう…」

山吹色のお菓子2
「これはまた美味そうな『最中』じゃのう~」

「持って帰るにはちと重とうございますかなぁ」

「いやいや、越後屋の気持ちがずっしりと伝わってくるようじゃのう」

「今後もひとつよしなに」

「「ふあっはっはっはっはっはっは!!」」



という寸劇を私と兄とでやっていたのですが
『山吹色のお菓子』という単語が何を示すのか解ってなかった兄嫁は
初めきょとんとしてました。
箱を開けてから「あ~あ~あ~あ~!」と理解した様子。


山吹色のお菓子3
中身は最中ではなくて黒胡麻を練りこんだ餡子のパイです。


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
Twitterで拝見した時からツボり、記事を読んではツボり、やっとこさ落ち着いてコメント出来るぞー! になったので参りました。
いやはやこれは見事な再現というか、パッと見本物に見えますよ~!!
これは貰ったら忘れられないというか、ごっこ遊びや寸劇せずにはいられないというか。
フレンの時も思いましたが、ノリのいいご兄弟というか兄妹エピソード拝見するのが密かに楽しみの一つです。
2014/05/08 03:35  | URL | マリー #1JkepbtE[ 編集] ▲ top
-  -
マリーさん、こんばんは。
兄嫁も開けてビックリですよ!こういう遊び心を刺激する商品を作る会社は応援していきたいですね!
ちなみに小判の入れ物は紙でできているので捨てるときもかさ張らず怪しまれずに捨てることができます(笑)
2014/05/10 19:31  | URL | 縁永(ゆかりな) #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://silverlightning.blog69.fc2.com/tb.php/2592-ba37ecb9

| メイン |