123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-07-19 (Sat)
思い切ってVITAごと購入してやりました。
後悔などして・・・していない!
おそらくfateやらアトリエシリーズをこちらでやることになるだろうから。

で、VITAを購入したのはいいものの、操作に難儀しております。
文字を打つのにタッチパネルが思ったところに反応しない!
あとメモリーカードが思ったよりかなり小さくて「あ、これ互換性ないんだ。PCに挿せないわ」とか
PCとケーブルで繋いだはいいけど、VITAで撮った写真はドライバインストールしないとPCに取り込めないとか
ちょっと面倒なことが多い。のでドライバーのインストールは後回し。
ついでに今のPCをwifi使用できるようにしておきました。これで通信プレイが可能!


さて俺屍2プレイ。
今作はVITAのカメラ機能で撮った自分の顔をゲーム上のグラフィックに起こしなおして
当主となる主人公の顔にすることができます。案外似てたりするので一から顔を作らずに
ちょこっと手直ししたのを採用することにしました。
今回はなんと最初から8つの職業を選択可能で、さらに兄弟(初期パーティ)が2人もいます。
いきなり選択肢が広くて悩んじゃうぜ。現にここでもう一日費やしている。
悩みに悩んで当主が大筒士、次男が剣士、三男が拳法家と無難な構成。
どうせなら最初から壊し屋とか踊り屋とかでもよかったのだけど、尖り過ぎて支障が出そうだったので。
今作も子供の名前は全部花関連でいくよー。


本編開始直後に一族郎党処断されてしまいました。
一族の亡骸が晒されているところへ黄川人が舞い降り、こう囁く。
「こんなことをしてくれたヤツに復讐したいよなァ?」
黄川人が子供っぽいリメイク版より旧版のような青年の演技に近くなってる。やっぱこうでないとね!
高山みなみの含みのある演技大好きです。

かくして天界の力を借り、再びこの世に甦った藤衣一族。
黄川人が拾ってきたイタチの「コーちん」に手助けしてもらい、憎き仇、安部清明を討つその日のために
力を蓄える長い雌伏のときが始まります。
コーちんの喋り方が軽いけど仕草が可愛いのでまあいいや。

1をやりなれてると2の画面がなかなか慣れないもので、戦闘画面があともうちょっと痒い所に
手が届かない微妙なアングルだったり、術・アイテムのページが見づらかったり
おいおい慣れていくでしょう。
1のデータを引き継いでお金と奉納点を書く1万、特殊アイテム確10個に氏神を引き継ぎました。
そしたらコーちんの提案で交神相手がいきなり6千点の相手になったりするので
それを却下してると目標が達成できず止まっています。数をこなすと何かあるかはわかりませんが。

| 俺の屍を越えてゆけ2 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する