12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-07-22 (Tue)
VITA管理コンテンツをダウンロードしたのでSSを取り込めるようになりました。

娘
1119年 12月
初代当主に初娘 栄寿ができました。
顔が父親そっくり。もちろん職業は大筒士。
序盤から全体攻撃のできる大筒士は便利。

初代逝去
1120年 5月
初代当主 逝去。
この段階だと3兄弟もいい年齢になってきてるので
前回の宣言どおり3人ともお螢さんと交神してそれぞれの子供をつくる。

開放
神様解放。
写真の神様とは違いますが、お螢さんの子供だけで出撃隊を組んだら
「全員の親神の属性が水」という条件で「還ノ皇女」を解放できました。お螢さんありがとう!


こつこつと一族の力を蓄えてはいますが、そろそろ迷宮の奥の敵が手ごわくなってきました。
八雲や幻八らは倒せるくらいではあるものの、飛空大将あたりの敵の術連発がきつい。
次の世代は奉納点を少々上げて強くしないと。

2回目の百鬼祭りに突撃。
百鬼祭り中は敵も強くなっていたりするので危ない目にあうこともしばしば。
奥にはまた清明さんが待ってましたよ。さんざん人をコケにしたかと思えば今度は
蟹形の式神『潮丸』を呼び出して戦闘。
「まあ、今のあなたたちでは絶対に勝つことは不可能なので逃げることを勧めますよ」
とご丁寧に台詞に色までつけて忠告してくれやがりました。
だったら倒してやんよとこちらの闘争心に火がつく。でも危なくなったら逃げよう。
HPは高いけど、相手が相変わらずこちらをなめきって滅多に攻撃してこないので
一方的にガンガン攻撃を加える。 たまに向こうの攻撃が来ると一発が重たい。
でも相手のHPは減るので普通に倒せるじゃんと思ったら、倒したそばから再召喚してきました。
よし逃げよう。

「夜鳥子をここに連れて来い」「そうすれば私を倒す方法を教えてあげますよ」と
お前自分で自分を不老不死とか言いながら何言ってんだよとツッコまざるをえない発言。
とりあえず一族を反魂の法で甦らせてくれた陰陽師 夜鳥子を連れて行かなくては進めない。
夜鳥子って同行扱いじゃなくて出撃隊扱いだから、せっかく生まれた4人目の一族が
その間お留守番になってしまうんですよね。
まあ、百鬼祭りのときだけ連れて行くという方法もあるわけですが
そのスケジュールに合わせるように夜鳥子の転生を行わないといけないので
さらに管理が面倒なことになっちゃう。


あ、ちなみに「夜鳥子」も「潮丸」も桝田省二の小説に出てくるキャラ。
あれも一応俺屍と設定はつながっていたので今作でどんな立ち位置になるのか。

| 俺の屍を越えてゆけ2 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する