123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-11-24 (Mon)
昨年に続き、今回もliveツアーで大阪に来てくれました。ならば行かねばなるまい!
申し込んだチケット、今回の整理番号は14番でした。
去年が確か7番だったから2桁にはなってしまったけれど、3列目中央右端という
去年と同じ場所に座ることになりました。最前も空いてはいたのですが、やはり遠慮してしまった。

今年のライブオリジナルドリンクは「ダジャレ・ヌーボー」
もうそのまんまボジョレーに引っ掛けた駄洒落です(笑)しかも当初ワインを使う予定だったのが
当のライブハウス側でワインを扱っていないということが判明し、じゃあワインっぽくしてくださいと
カシスソーダを軸にジンジャードライを併せたらしい もはや元ネタの面影が無い飲み物に!

前日の名古屋での公演時間が延びに延びきってしまったらしく (それでも曲目を減らすことはしなかった)
また昨年の大阪公演でも長丁場だったことも踏まえ、今年はMCをぱぱっと進行していく
・・・という決意を冒頭でしていたはずなのですが、やっぱり各々の部分ではトークが
横道にそれてそれて大体前回と同じようなことに(笑)
佐藤さんと太田さんの壁ドンとか、壺井さんがそれをカメラで撮ったうえに90°回転させたから
壁ドンが床ドンになってtwitterにアップされたとか、そんな話題盛り上がるに決まってるやろ!

演奏中にヴァイオリン弾きながら舞台上を追い掛け回す壺井さんに
客席付近まで降りてくる羽目になったみとせさんなど、この2人が舞台上でやらかす寸劇が面白い。
歌いながら演奏しながらやるんだもんなー。お茶目過ぎですよこの人たち。

初のバンドアルバム発売ツアーということで、曲目はそのCDの収録曲+α
KircheやORITAの曲をライブアレンジで聞けたのがとても嬉しかった。
前回もKircheの曲は同じくらいの数を演奏してはいたのですが、何でしょうね
今回は「やっぱり私はKircheの曲が好きなんだなあ」と思うと同時に
「やっぱりみとせさんにはKircheの曲がよく似合う」と改めて思えました。
さらに今回はKirche時代でもCD化されていなかった曲をサルベージして収録、初お披露目。
これが最初からライブver.であるためかこれまでのKircheからは一風変わった印象です。

そして、今回のしおりに若干ネタバレが入っていたあの曲
去年は生で聞けず、後に東京で演奏していた事を聞いて指をくわえて見ていた

STIGMATAが聞けたぞーーーーーーーーっ!!

それもね、コーラス部分を会場皆で参加するという趣向
(しおりに書かれていたのはこのコーラス部分の歌詞)
自分たちも参加する一体感でめちゃめちゃ盛り上がるんですわ。
間髪入れずに流れる次の曲が薔薇殺しのカーミラ

この流れが最高にカッコイイ!

これは確かに盛り上がる!


ベース担当のDaniさんの腕が心配になるぐらいに激しく過酷な曲なんですSTIGMATA。
この2曲ぶっ続けはバンド全体がかなりしんどそうだったなあ。本当によく3時間半も
クオリティ落とさずに続けられるんですから凄い。

アンコール最後の一曲は「EXEC/PHANTASMAGORIA」か「盗めない宝石」のどちらか一曲を
会場の拍手で決めようというもの。ただし拍手計測が壺井さんの耳頼り(笑)
どっちの曲も思い切り好きなんですが、迷いに迷って「盗めない宝石」に一票投じました。
結果は120db対125db(壺井比)で盗めない宝石に決定。なんてアナログな計測なんだ!

IMG_0592.jpg
ライブツアーTシャツ
グラデーション使用のプリントが格好いい。

s-IMG_0594.jpg
今回の物販で先行販売の初バンドアルバム。ライブ音源仕立てです。
CDで満足するより生で聴きにきて!っていうスタンスのみとせさんにしては珍しい。
しっかり色紙にもサインを書いてもらえましたよ。ただサインに並ぶ長蛇の列で
終電ギリギリの時間までかかってしまいヒヤヒヤしました。
22時過ぎに終わってサインを書いてもらったのが23時45分、終電が57分だ!
できればバンドメンバー全員からもらいたかったけれど仕方ない。
終電近い場合、言えば優先して書いてはくれるんですけどね。
ギリギリ間に合う計算だったので最後まで我慢しました。
もっと余裕があれば他メンバーのCDもじっくり見たかったのだけれど。

あ、ちなみに終電には間に合いましたが、その終電が「お客様対応」により
6分遅延したため駐輪場の時間に間に合わず、地元の駅からは歩いて帰る羽目になりました。
この記事書いたら取りに行かなくては。

| 音楽 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する