123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-06-07 (Sun)
twitterでフォローしている英国紅茶専門店 ロンドンティールームさんが
ロイヤルミルクティーの作り方をつぶやいていたので実践してみました。

~必要な材料(2杯分)~
茶葉 5g×2杯(チャイ用ブレンド、もしくはケニア)
水  320cc(カップすり切れ一杯分)
牛乳 320cc(乳脂肪分が4.0%以上の特濃タイプ)

~実際に用意した材料~
ティーバッグ2個(ダージリン)
水  320cc
牛乳 320cc(乳脂肪分4.5%の特濃タイプ)

なにやら最初からまともに材料を準備していない状態ですが、まあやってみましょう。

IMG_0898.jpg
ミルクパンにカップすり切れ一杯の水を入れ、沸騰させます。

IMG_0899.jpg
沸騰したら茶葉を入れて3分間、強火のままで加熱します。
この3分間というのが、ミルクティーにしたときに薄くならず渋くなりすぎずの絶妙な時間だそうです。

ところでティーバッグは牛乳に浸してもちゃんと抽出するのか不安。
3分間煮出してはいるけれど。

IMG_0900.jpg
3分経ったらカップすり切れ一杯分の牛乳を入れ、強火のまま吹きこぼれる直前まで火にかけ続ける。
へー、ゆっくり温めたり、あとから温めた牛乳と混ぜるんじゃないんだねー。

IMG_0902.jpg
ギリギリまで待って、ストップ!

IMG_0901.jpg
茶葉の場合は茶漉しにかけながらカップに注いで出来上がり。
ティーバッグなんでそのまま引き上げました。

IMG_0904.jpg
とっても手軽に出来ました。
で、飲んでみたら牛乳が強くて紅茶分が薄い!原因はわかっています。
公開していたレシピにはティースプーン山盛り2杯分(10g)の茶葉でしたが
私はティーバッグ2個、これ一個分の量が2gだったんですよ。2個で4gでも圧倒的に足りない。
一応、香り豊かなダージリンを使いましたがやはり量が足らなさ過ぎる。
やっぱりアッサムかケニアを用意しなければならなかったか。
せっかくレシピを用意しているのに適当に代用してるものだから…ちゃんと従わないとダメですね。
今度はちゃんとミルクティーに向いた茶葉を用意しよう。

| ひとりごと | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する