123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-01-04 (Mon)
随分昔、まだガラケーのカメラしかなかったときに一度訪れてますね。
あの時は確か時期外れだったので参拝客も少なくのんびり写真も撮れましたが
今回は3が日の最終日。人が多いのは覚悟しているので
できるだけ早起きして現地に向かいます。

とっつげーき!

IMG_0978.jpg
景観に合わせた稲荷駅の朱塗りの柱と漆喰の壁は何度見てもいいもんです。
漆喰っぽく見せてるのか本物なのか確かめてないですが。


IMG_0979.jpg
9時ごろ到着してましたが、すでにこれだけの人だかり。
しかし思っていたより楽に移動できて、本殿まで歩く速度も落とさず立ち止まらずに歩いていけました。

IMG_0980.jpg
以前には無かった超巨大液晶ディスプレイがあるぞ!?
ずっと何かのCMが流れてるし何のCMだよこれ!

IMG_0981.jpg
この日の最高気温は16℃ 新春とはよく言ったものですが本当に春みたいな気温だよ!
おかげで寒さを気にする必要はありませんでした。

IMG_0982.jpg
ここでは狛犬ではなく狐が守護しています。
立ってる場所によって咥えているものが様々。苗だったり巻物だったり鉤だったり。

IMG_0983.jpg
珍しくおみくじをひいてみたら小吉でした。しかし書いてある事柄が
・失せ物 出難し
・待ち人 来たらず
・旅立ち 見合すべし
・勝負事 大いに負けなり
・商い   損あり

これ、吉の範疇じゃなくて凶じゃないかな?


IMG_0985.jpg
数年前のお守りを返して千本鳥居に進む。

IMG_0986.jpg

IMG_0987.jpg

IMG_0997.jpg

IMG_0989.jpg

IMG_0991.jpg

IMG_0992.jpg
この鳥居で形成された朱の回廊はたまんないね!
さすが訪日旅行客人気No.1の風景。

IMG_0998.jpg

IMG_0996.jpg
奥の院から先は稲荷山をぐるっと囲むように鳥居が続いておりその数は現在万を越えるとか。
さすがに山歩きまではするつもりはなかったので、途中の熊鷹社までで引き返しました。

IMG_0999.jpg

IMG_1001.jpg
熱狂の赤い火!
お供えにお神酒や油揚げはわかるのだけど、何故か落花生が供えられてあって
どういう理由で落花生なんだろうかと考えても答えが出なかった。

IMG_1002.jpg
蝋燭をお供え。
この辺りは猫が多くて以前に訪れたときは鳥居やお社のあちこちに猫が寝ていたり座っていたり
蝋燭近くで暖をとっていたりしていたのですが、さすがに参拝客の多い時期は隠れているのかもしれない。

IMG_0994.jpg
伏見稲荷の絵馬はこのようなキツネの顔の形。
これに自分なりの顔を描いて願をかけます。今回はちゃんと描いてきた。

IMG_1003.jpg
みなさんご存知「おもかる石」
願をかけながらてっぺんの石を持ち上げ、自分の想像以上に石が重く感じたら願いは遠く
軽く感じれば叶うという儀式。 以前にやってみたときはまったく重すぎて持ち上がりませんでしたが
今回はちょっと軽めというか、おおよそ想像通りという叶うのか叶わないのかはっきりしない状態でした。
成功だと思う。たぶん。


神社を後にする頃がおおよそお昼の時間帯。
これから参拝するいっぱいの人々とちょうど入れ違うくらいで表参道がぎゅうぎゅうでした。
朝早く出てきて正解だったね。

IMG_1011.jpg
お土産。
招き猫の起き上がりこぼしとキツネの面。

IMG_1012.jpg
それとお稲荷様ぬいぐるみ。
しっぽもふもふ!ぬいぐるみだから全部もふもふなんですけど。

IMG_1013.jpg
これに先ほどのお面を被せるのです。

IMG_1014.jpg
あとは大札と交通安全のお守り、お金がいっぱい入るように福銭守の新しいものももらってきました。

| ひとりごと | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する