123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-03-06 (Sun)
『大阪人は、一家に一台たこ焼き器を持っている』
そんな噂がまことしやかに流れていますが、本当のところは大阪人である私にもわかりません。
ただホットプレートを買うと勝手にたこ焼き用の鉄板がオプションとして付いてくるので
結果として持ってることになりますね。

しかし持ってはいるものの、一度たりとも使ってみたことがなかったり。
お好み焼きはフライパンでもできますが、たこ焼きは専用の鉄板を出さないといけませんからね。
あと材料と道具を用意するのもなんだか面倒ですし。
そんなわけで鉄板を持っていながらずっと宝の持ち腐れだったわけですが
もういい加減、一度はやってみてもいいだろうと計画したのが1年前。


で。


IMG_1027.jpg
たこ焼き用の粉の賞味期限がきっちり1年前の日付になっていましたが、開封してないし
カビも生えてないようなのでそのまま使います。どうせ焼くのだからまあ大丈夫でしょう。
具材はねぎ、紅生姜を基本として魚肉ソーセージ、チーズ、シーチキン、バジルシード入りのオイル

ん?何か足りませんかね? たこ焼きなのにタコがない不条理には目を伏せていただければ幸いです。
あれですよ。たこ焼きにはタコを入れないと、っていう旧態依然とした考えではたこ焼きの可能性が
閉じていくんですよ。そういう権威主義から脱却してイノベーションを云々。
まあ一言で言うとそんなにタコを切って茹でるの面倒くさかったので。

そうそう、なんでも最近のナウでヤングなイケイケの若者の間では仲間内でたこ焼きを作ることを
たこ焼きパーティ略して「たこパ」と言うそうですよ!

IMG_1028.jpg
それじゃあ粉を水で溶いて作ったタネを流し込んでいくぜヒャッハーーーーーー!
オゥケェイ レッツパーーーーーーーリィ!!

あ、ちなみに一袋で約60個作れるそうですが、失敗したら困るので分量を半分にしました。

IMG_1030.jpg
流し込んだらネギと紅生姜を振りまいて、それぞれの器に用意した具材を入れていって…
とかなんとかやってるうちにすぐに生地の表面が固まってきてましてですね!
お店では流れるようにタコを置いていくのを見ますが、ああいう風に手際よくできないものだから
生地が固まりすぎて中に具材が入らなかったりするトラブルが発生。
でもひっくり返してしまえばなんだかそれっぽく見えてるので別にいいや。


IMG_1031.jpg
ひっくり返すために使ったのはプレートの説明書で推奨している竹串。
金属の串だとフッ素コートが傷つくらしいからだそうです。
ここでも手際が悪くてなかなか一発でひっくり返せず、表面がカリッカリですわ。

IMG_1032.jpg
ソースと青のりと鰹節をかけたら、ほら見事!それっぽい!
これだけ表面をカリカリに焼いたのに中身はフワっとしてて実にたこ焼きです。
素人が適当にやっても上手くいくもんですね!たこ焼き楽勝っすわマジちょれーっす。

| ひとりごと | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する