=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

シン・ゴジラ見てきました

ゴジラ作品を劇場で見るのは何年ぶりだろうね?
最後に劇場で見たのは確かバトラが出てるやつだったかな?
初めてゴジラに触れたのは兄がVHSで借りてきたvsビオランテでしたね。

以下、感想。


初代ゴジラシリーズが好きか平成以降のvsシリーズが好きかでだいぶ評価が分かれると思います。
今回のシン・ゴジラは原点回帰、初代ゴジラが原水爆のメアファーであったように
大いなる災厄としてのゴジラとそれに対峙する人々を描いているので
vsシリーズのように怪獣同士が派手に爽快に暴れて、っていうのを期待すると肩透かし。
描いていくのは目的も行動原理も全く見えないゴジラがただただ街を破壊していく光景と(まさに災害)と
そのゴジラに翻弄され右往左往しながらも対策を整えていく閣僚たち。そしてゴジラに相対する自衛隊。
ざっくり言うとこの3つのシーンしかありません。ゴジラが本格的に姿を現してる時間が少なめなので
たーぶーん子供にとってはつまらない作品ではないかと。

でもね。これは大人が見るとなかなかニヤリとするような話運びだったりしましてね。
東京湾に現れた生物が何なのか詳細がわからない段階での政府の初動や対応が
まあなんというか「ありそう」な感じがなんとも。
しかしそこから、いよいよもって事態を飲み込まなくてはいけなくなってからの
日和見だった姿勢がどんどん精悍な顔つきになっていくところは格好良く、緊迫感がありました。
芹沢博士の遺言といい、この辺「劇場版パトレイバー」の1作目2作目を見ている人は好きだろうなと思います。

今作もゴジラはもちろん原子力をエネルギーにして活動していますが、そのゴジラが海から
河へ遡上していく様は思い切り隠すことなく「3.11」をモデルにしています。
その勢いで水は溢れ帰り、高波を打ち、すべてのものを巻き込みながら進行し
通り過ぎた跡にはゴジラの体から発散された放射能が広がっていく。
私が思うにこの作品は「3.11に対する日本人の反撃」作品なんですよ。
劇中の台詞で「スクラップ&ビルドでこの国は大きくなった」とあるように、どうすることもできない災害に対して
何度壊れてももっと凄いものを作ってやるという意地を見せ付けるような。

閑話休題。
庵野秀明監督作品としても話題となっていたこの作品。
そこかしこに使われる明朝体でのテロップ表記、音楽の使い方やカメラワーク
エヴァンゲリオンっぽいと揶揄されがちですが、元々庵野監督作品はこれらが以前から多用されてましたし
氏は大の特撮好きとして有名ですのでむしろエヴァが特撮の要素を散りばめて作っていたりするのです。
にもかかわらずこの作品には意外にも特撮によくある超技術が出てきておらず
メカゴジラはおろかメーサーXも轟天改も存在しません。すべて既存の技術や兵器です。
だがしかし!
超技術がなくともケレン味はあります! その名も「無人在来線爆弾」!
そんな名前のものが怪獣大戦争マーチと一緒に登場したらもう許すしかないわ!

ゴジラの熱線も、こう威力だけならファイナルウォーズのほうが凄いんですけどね。あれ成層圏越えてますし。
しかし今回の熱線は絵面が神秘的なんですよ。街ぶっこわしてますけど。
巨神兵のようなおぞましさでも、使途のような無機質さでもなくて。あのために夜の舞台を持ってきたんだろうな。

ゴジラの生態についてかなり大胆な解釈がありましたが、そのため直接の続編はなさそうですね。
路線は別としてゴジラシリーズは復活したりするのかな?

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事