=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 1日目

765プロの周年ライブという形式ではなく、歌+トークイベントetc.という感じであろうプロデューサーミーティング。
周年ライブではないのでまあ曲がいつもより少なかろうと構わないつもりで臨みました。
どちらかというと10thを越えてからキャストが12人全員揃うという事実にウキウキ。
全員が揃うのは7th以来ですかね。

セットリストは
・チェリー
・トークコーナー プロデューサーズボイス
・朗読劇
・Dazzling World
・ザ・ライブ革命でSHOW!
・Miracle Night
・僕たちのResistance
・アマテラス
・紅白応援V
・Happy!
・THE IDOLM@STER

ゲーム・プラチナスターズからの新曲を含め7曲。思ってたより多いくらいでした。
チェリーを謳い終わってから手違いで「本日の公演はすべて終了しました」の表示が出てきたときは
おいおい一曲だけで終わりかよー!なんてツッコミと笑いがLV会場では起こりました。
(現地では表示されなかったっぽい?)

トークコーナーではなんと赤羽根さんが始めての舞台登壇&MC担当ということで
(これまでにも中継や端からの参加はしてましたが舞台上にあがったのは初のはず)
10thではあんなにこなれてたと思ってたバネPがガッチガチに緊張してて
進行もまとめもままならず若林さんに何度も何度も叱咤というフォローをされながら
どうにか終わらせている姿に、そりゃあ右も左も先輩しかいないような場所で
その発言を止めたり切って次に進めたりまとめたりなんてなかなか出来るもんじゃないよなあと
精一杯労ってあげたい気持ちでいっぱいでしたよ。

朗読劇は会場参加型で、どういう技術か知りませんが朗読中に表示される選択肢を
サイリウムを振るか振らないかの多数決で決めていくというもの
中村さんは最新技術と言ってましたが、あれ絶対目視ですぜ。
前半はまともに朗読劇だったはずが、後半に差し掛かっていくにつれてアドリブ…もとい
台本無視した無茶振りの押し付け合いに発展し、一発ギャグをやらされるわセクシーポーズを即興でやらされるわで
ほぼキャスト全員が大火傷。月曜日のサラリーマンのようにうなだれるという結果に。
その空気を変えるかのように、本当に今日登場するなんて誰一人予想しなかったであろう
秋月 涼 役の三瓶由布子さんがサプライズゲストとして登壇。
涼ちんの普段着に近い緑系の花柄ワンピース姿!
これには本当にびっくりしました。出ることないと思ってたもんなあ。
三瓶さんはその後ソロでDazzling Wolrdも歌い、ちゃっかりMマス2ndの話題も挿んでいました(笑)
朗読劇の尺が思ったより長くて、中だるみしそうなところに中村→仁後→長谷川へのアドリブ無茶振りは見事。
やけっぱちになった平田さんや照れ隠しがすぎる若林さんかわええ。
収拾がつかなくなったと思いきやオチはサンシャイン三浦がきっちり収めてくれました。ジャスティス!

紅白応援V(ビクトリー)
現時点ではこれは未完成曲です。というのも、今回のPMにて現地での合いの手を収録し
それをCDに入れることによって完成するという参加型のCDになっております。
まあLV組には関係のない話ではあるのですが、それでも精一杯コールしてきたよ!
今年の体育祭では各地の小学校からこの曲が聞こえてきたりもするかもしれません(笑)

まあ正直ね、今回のイベントのどこかで「次のライブで最後です」って発表があるんじゃないかと
そう思ってたところもあったんですよ。でも少なくとも演者のみんなにはそんな気はさらさら無く
特に若林さんは3年ぶりの舞台であっても一番エネルギッシュで力強く皆を引っ張り
これからの先も感じさせてくれる公演でした。
家庭での時間や体力的に今までのような4時間超かかるようなライブは厳しいかもしれませんが
(今回も3時間半休憩なしの長丁場だった)
どのような形でもコンテンツを継続させてくれるというのは嬉しいもので
これで2日目にそんな発表があったら怖いな!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事