=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

シンデレラガールズ 5th LIVE 大阪公演2日目

765プロ10th以来の現地参加です。
アイマス初の大阪城ホールですよ!今まで他の歌手やイベントでずっと押さえられなくて
大阪で公演するとなると収容人数の少ないオリックス劇場か
海辺そばのインテックスでやるしかなかったからねー。

座席は2階席の後ろから数えたほうが早いぐらいのところであるものの、いざ座ってみると案外近い!
ほぼ演者を横から見下ろす形ではありますが、それもまた新鮮。
ただ角度上、ステージのフットライトが時々直射してきて眩しかったですし
スクリーン頼みでなければ表情が見えませんでしたけれども。

NUDIE★の佳村さんは妖艶でかつての震えながらステージに立ってた面影は見えなくなった!
モーレツ★世直しギルティ!はセンターのバックダンサーが一番セクシーだったような気がする。
薄紅の立花さんはアンニュイな表情に色気があって
青の一番星のルゥちゃんはダンスがキビキビしてて格好いい。

幕間MCは今までのアイマスライブで一番笑った!今年一番腹抱えて笑いましたよ。
開催地が大阪ということもあり、大阪出身の演者も多く
皆が色々仕込みすぎてもうさすがシンデレラ一門と言われるだけあるわ!
吉本新喜劇になじみのある方ならわかりやすいですが未知やすえさんの
頂点に達した怒りから巻き舌でまくしててて説教→一通り終わったあと「わかってくれてよかったぁ」で落とすあの流れを大空直美さんが見事に再現しててですね!普段おとなしくて内向的な智絵里しかイメージにないものだから、あんなに大声と早口でまくしたてられるんだと驚きました。役者ってすごいな。

大空 「おぅ佳村ァ! おんどれ21歳ってどういうことや?(プロフィール公表21歳)」

佳村 「じ、実年齢を言うとこのライブを汚してしまうことになるので…」

踏み込んでくる大空やすえ姐さん怖いよう!
いまいちピンとこない方は「未知やすえ」で検索すると大体は元ネタ動画にたどり着くと思います。
その後、千菅さんが打ち合わせなしに騙され同じことをやらされてちょっと可哀想なことに。
シンデレラは現場で鍛え上げる過酷な環境!
随所で大空さんが耳打ちでアドバイスしてるのすら船場吉兆の女将ネタなんじゃないかと思える。
前半戦終了のMCがこれだったので、後半戦1曲目の内田真礼さんはすごくプレッシャーだったと語ってましたね。

その後半戦、華蕾夢ミル狂詩曲→Bloody Festa→PANDEMIC ALONE→Lunatic Showの流れが激しい!
前半戦がわりとバラード多めな構成だったので一気に雰囲気が変わりました。
松田さんが出てきた瞬間に会場がロックフェスみたいな雰囲気に様変わりするのは格好いい。
声が張れる!通る!煽る!なんだこのベテランロッカーの風格は!とんでもない逸材を発掘してきたもんです。
これ生で聞くと痺れるなあ!
機会があればSHOW-YAの限界LOVERSをカバーしてほしい(笑)

Lunatic Showで終盤に向かっていくにしたがって立花さんの動きがどんどん激しくなっていって
最終的にはヘッドバンキングまでやっていたのを見ると、これまでもCan't Stop!で楽しそうにジュリ扇振っていたり
今回も「まだまだこんなもんと違いますやろ!?」と煽り文句入れたり薄々感じていましたが
やっぱりこの人、根がパッション属性なんだなあ(笑)

しばらくずっとライブビューイングでしたがやっぱり現地参加はいいものですね。
西部ドームのときのような真夏の炎天下の屋根の下ではありませんでしたしね!(笑)
ただ今回失念してたのがオペラグラスの存在。スクリーンがあったとはいえ
ステージサイドからでは出演者の表情があまり見えませんでしたし、スクリーンに目をやった瞬間に
こちらにアピールしてたりするのを見逃したりすると、ああいうのも用意しておくのもいいなとは思いました。
ペンラ振りながらオペラグラス使うの難しそうですが。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事