FC2ブログ

アゲハかと思えば。

台風が来る前くらいからですかね、うちの母が鉢に植えているクチナシの木に小さいアオムシがいたそうで
葉を食べられてはいけないのでこまめに駆除してたらしいんですよ。
台風だ何だとしばらく目を離した隙に、駆除し損ねた一匹がものすごく成長していて
それと引き換えにクチナシの葉と新芽はボロボロ。ほぼその一匹に食べつくされてしまいました。
すっかり枯れ木のように寂しくなった木の枝に、ぽってり太ったアオムシが一匹。7㎝くらいあるかな?
せっかくなので、このアオムシは何の蝶になるんだろうなーって調べてみたら

どうやらアゲハチョウはクチナシには卵を産み付けないらしく。

じゃあ何の幼虫なんだと思ったら、オオスカシバという蛾の一種の幼虫だそうで
夏になるとたまに飛んできては花の蜜をチョウのようなストローで吸い上げる、ハチのような見た目の虫でした。
あれ蛾の一種だったのか。そして蛾の幼虫って必ずしも毛虫ではないということを初めて知った。
アゲハの一種だったら、羽化まで見届けようと思ったのだけれど、蛾の一種と知った途端に
母の態度が変わったので、たぶん明日には箸でつまんでポイされてると思います。
許せ。これも弱肉強食の理である。

0 Comments

まだコメントはありません