FC2ブログ

=藤源郷=-wisteria garden-

日々の生活でのひとりごと、あるいはゲームのプレイ日記、 たまに花のこと、ちょこちょこ動物の話などをとりとめもなく。

Entries

バンピートロット プレイ日記5

いいかげん、進行と日記の差がつかないようにしなければいけないのに、
もはや日記ではなく回想記。
今に始まったことでもないですが。

今日もぶれぶれぶれぶれ ぶれまくって。


※主人公のセリフは選択肢に準じます

公演のため、ハッピーガーランドへ向かうコニーを駅まで見送り。
するとトンネルで事故があったらしく、列車が出発できません。
陸路だと砂漠を越えるしかなく、徒歩ではまず無理です。 となるとビークルが必要。

コニー「あの・・・ハッピーガーランドまで乗せていってもらえませんか・・・?」

普通のゲームの主人公なら、困った少女は何をおいても助けるのが常。
だが、ローズウェディングは普通の主人公とはひと味もふた味も違うのだ!!

主人公「じゃあ、誠意を見せてもらおうか」 と見返りを要求。

「・・・はい」

70ユーロッチを懐に収める。 2時間サスペンスなら次の瞬間に主人公は刺されてます。
ともあれ、受け取った分は働きましょう。

道中、空き家に身寄りの無い子供と住んでいたシスターに、
『ここはボクの家だ』とウソをつき、毎週高額な家賃を請求。 悪魔だ!悪魔がいる!!
天罰が下ればいいのに!!

砂漠を越えるため、レイブン砦へ入るや否や戦闘に巻き込まれてしまいました。

ダッドリー「何だ?お前が次の相手か!?」

状況が飲み込めませんが、そこは見栄っ張りな私のこと。

主人公「そうだ、オレが相手をしてやる」 と、初めてカッコイイ台詞を口にします。

俺を誰だと思ってやがる!!<意地悪癒し系>とは俺のこと!!(妙な名乗りだ・・・)
初期装備だと、けっこう苦戦する相手なんですよね。
ただ、KE団の親分相手にリセットしまくった私の敵ではない!!

ダッドリーを退けると、その戦いを見ていたキャラバン隊商のデルセンが、
砂漠越えの護衛をしてくれるよう依頼しにきました。

なめられると足元を見られるのでとりあえず睨みつける。

「一台につき、50ユーロッチでどうでしょう?」

「オレの報酬は高いぞ?」 交渉の鉄則、下手に出ないこと。

「で、ではいくら払えば・・・」

「200にしてくれ」 鉄則その2、無理な金額をはじめにふっかける。

「そんな!それじゃ商売になりません!・・・120でどうです?」

鉄則その3、少々のハッタリをかまして相手の気持ちを挫く。

「巨大な砂虫がいるんだぞ!ビークルの何倍もある奴がな!!」

150ユーロッチで合意。 砦中が巨大な砂虫のウワサで持ちきりに!
まあ、ウソですけどね!!

翌朝、通り名が<極悪ほらふき>となって砂漠を出発。

 

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

縁永(ゆかりな)

Author:縁永(ゆかりな)
ひっそりこっそりゲーム好き。
実のところアニメも好き。
要するにオタクです。
猫好きでもある。

最近の記事+コメント

つぶやき

カテゴリー

ガスト応援バナー。

月ごとの記事