FC2ブログ

バンピートロット プレイ日記12

まずほったらかしにしていた拍手返事。
>こんばんは。TODのディレクターズの豪華版、凄い特典ですね。…でも、やっぱりラスダン無駄に長いんですよね。(爆)

そうなんですよ~!書き下ろしBOXが良い感じで・・・。
ああ!言われて気付きました! あのラスダンをもう一度やるのか・・・。
リオン編だけでもアペンドディスクになりませんかねぇ?


では、プレイ日記も今回で一応最終回(物語上は)。
いざ、クライマックスバカプレイ!!

※主人公のセリフは選択肢に準じます

戦争が終結すると、あっさり引き上げて元の生活を営んでいる市民たち。
あの、宴会ムードとかにはならなくて?

なんとなくビークルの色を青と白に変えて、4つ足をつけてタチコマ気分。
バ~ト~~さ~~~ん♪

いつの間にか姿をけしていたコニーからの呼び出しでネフロネフロへ。
母親がゴールドーンの実家へ引っ越すのを手伝って欲しいらしい。

主人公「いいけど、運賃は高いよ」

コニー「言われると思ったよ、はい」

慣れてきたな、コニー。

ローズマリーをゴールドーンへ移したその夜、Bマンティスの手によってコニーがさらわれる。
よくさらわれる娘だ・・・。

遥か上空の気球船では手が出ません。 ナツメッグ博士に助力を願いに行く。
端的にいうと 「博士!コニーがさらわれちまったんだ!!」
「任せておけ新○!わしの開発したパーツで空が飛べるぞ!!」
「すげぇぜ博士! 待ってろよ、コニー!!」

ぱーぱっぱぱららら~ ぱ~ぱっ♪ 散り行く~天使~の羽♪

夜明けと共に飛び立つ! 目標は遥か上空、『グランドフィナーレ』!!(良い名前だ)

シータを助けるパズーのごとく!! 40秒で仕度しな!!

グランドフィナーレに取り付く!

コニー「助けて!ここよ!」

主人公「コニー! 博士に造ってもらったんだ!いいだろう!!」

自慢してる場合じゃなくって。

気球の栓をひっこぬいて落ちていくグランドフィナーレ。
BM団の総帥が逃亡する!

コニー「お願い、追いかけて!!」

主人公「それなりのお金をくれたら、追いかけてもいいよ」

「えっ・・・?こんなときに・・・?」

こんな時でも慌てず騒がずきっちり意志を貫き通す主人公。

さらに総帥を倒すと出てくる真の総帥を追いかけるときもきっちり請求。

「さっき渡したので全部だよ・・・!」

普通なら、「今日は特別サービスだ」とか小粋なセリフが出てくるのに

「それなら、借用書を書いてもらおうか」

想像の斜め上をいく台詞が飛び出す主人公!!さすがです。

真の総帥を倒し、エンディング。 ED曲がまた心を打つんですよ。
あれだけ好き勝手な行動をしたのに見送りに来てくれる人々、なんて心の広い!

そして、一年後・・・。

初めて会ったあの場所で、コニーが待っている。
振り返るコニー、そして

「コニー、勝負だ!!」

「うん」

えええええええええええッ!!????

言うに事欠いてケンカをふっかける主人公!! コニーもコニーで二つ返事ですよ!
相当うっぷん溜まってたに違いない。 そりゃそうか。

僕とコニーとの関係に決着をつける!! ←なんだその説明文は(笑)

夕日をバックにビークルでどつきあい。 これも青春の一ページ。
砂浜で大の字で倒れる2人。

「どうだ、まいったか」

「これくらいじゃ、まいらないよ」

コニー、成長しています。 たくましい!!免疫ができた!?

「コニー、お金をくれたら、載せてあげる」

「わかってるよ」

心が通じ合った瞬間であった。 ずいぶん軸がぶれてますが。

そうそう、あの時の借用書をコニーに見せてみた。

「えっ・・・それって・・・・・・わかったよ・・・・」

133ユーロッチを一年越しに取り立て。 これは予想外だったか(笑)

「君は、本当にイジワルなんだから!!」

ローズウェディングのポンコツロマン大活劇は、とりあえずここでおしまい。
こんなバカプレイを読んでくださった方々、ありがとうございました。

お金にきたなく、ヒロインに意地悪ばかりする主人公を見て、
『ハーメルンのバイオリン弾き』を思い出しました。
あれも序盤はヒロインで金儲けしてたなぁ。
今度、麦わら帽子かぶってバイオリン弾かせようっと。

これからはアルトネリコ2が届いたのでそちらをプレイ。

2 Comments

まだコメントはありません

風雅  

リンクありがとうございましたm(__)m
バカプレイですか(笑)よ、読みたい~でもここで読んでしまったらネタバレがぁ。
苦悶中。

2007/10/29 (Mon) 21:40

縁永(ゆかりな)  

こんにちは、風雅さん。
こちらこそありがとうございます。

まあまあ、ゆっくりとプレイなさってください(*´ー`)ノ
ちなみに日記1がウミネコ海岸からネフロネフロの街に入るまでなので、そこだけならば読めると思います。

2007/10/30 (Tue) 15:29

Leave a comment